森七菜演じる樹木、スイーツ開発担当から外されてしまい…『恋あた』第8話

森七菜が主演を務め、中村倫也仲野太賀石橋静河らが出演するドラマ『この恋あたためますか』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第8話が、12月8日に放送される。

ひょんなことからスイーツ開発を手掛けることになるコンビニ店員・井上樹木(森)と、自らの成功をたくらむコンビニチェーン「ココエブリィ」の社長・浅羽拓実(中村)が、「一番売れる」スイーツ開発を通じて、甘い恋に落ちていくオリジナル脚本のラブストーリー。仲野は、「ココエブリィ」のスイーツ製作専門の会社「ドルチェキッチン」所属のパティシェ・新谷誠、石橋は、「ココエブリィ」商品部スイーツ課の北川里保を演じる。

樹木(森七菜)、浅羽(中村倫也)、上杉(飯塚悟志)
樹木(森七菜)、浅羽(中村倫也)、上杉(飯塚悟志)

先週の第7話では、樹木と浅羽は食料を積んだコンビニカーで大規模停電が発生した軽井沢へ向かう。新谷と里保も助っ人に訪れ、当初、軽井沢行きに反対していた浅羽は樹木に「君が正しかったな。コンビニはただものを売る場所だと思っていた。でも、誰かの居場所にもなれる」とコーヒーを差し出す。そして受け取る樹木の手を包み「冷たい。よく頑張っ……」とねぎらおうとするが、樹木は彼の言葉を遮るようにスノードームを返すのだった。

インターネット上ではこの場面に対して「今週のけしからん事案」「思い立ち切ろうとしてるのにこれは反則だよ!!!」などの声が寄せられていた。

<第8話あらすじ>
付き合うこととなった樹木(森)と新谷(仲野)。樹木は照れつつも幸せな時間を過ごしていた。ある日、樹木と新谷は、デート中に浅羽(中村)と里保(石橋)に偶然出くわす。浅羽のことを気にしつつ、なんとか会話をやり過ごす樹木。

樹木(森七菜)と新谷(仲野太賀)は交際をスタートさせる
樹木(森七菜)と新谷(仲野太賀)は交際をスタートさせる

そんなある日、樹木はスイーツの開発担当から外されてしまう。落ち込んだ気持ちを抱えたまま、ココエブリィ上目黒店を訪れると……。

画像ギャラリー