二宮和也、松本潤への憧れと相葉雅紀への的確ツッコミが炸裂!視聴者からも「胸アツだった」の声

がMCを務める『嵐にしやがれ』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~)が、12月5日に放送。メンバーそれぞれの過去を振り返る「嵐メンバー記念館」の第3弾は、二宮和也の半生をゲストと共に紐解いていった。

この日の「二宮和也記念館」には、俳優の高橋克実KAT-TUN中丸雄一ドランクドラゴン鈴木拓がゲストとして参加。高橋は「(二宮は)年齢は全然下ですけど」と前置きし、「私にとっては、いろんなことの相談に乗ってくれる兄貴みたいな……」と例えて、笑いを誘った。

また、二宮とゲーム友達だという鈴木は、二宮のゲームの腕前に言及。「とにかく上手い!」と強調し、「“はい殺った。はい殺った。はい殺った”って、本当、壊れたCDのようにずーっと(言っている)」と、敵をスナイパーライフルで倒す際の二宮のリアクションを再現し、二宮から「全然伝わんないことをさ……もう止めてくれよ」と、文句を言われてしまう。

そして中丸は、自身のグループの活動停止が明けたときに、二宮の家に相談を兼ねて訪問したというエピソードを披露。その際、二宮がKAT-TUNのデビュー年のワインを用意してくれたそうで、コーナー司会の櫻井翔が「それは松本潤の専売特許ですからね」と指摘すると、二宮はばつの悪い顔をしながら、「でも、これ聞きたいけど、憧れちゃいけないんですか?」と主張し、爆笑を巻き起こしていた。

そんな櫻井は、嵐のお披露目コンサートにて、二宮が振り付けの先生に怒られてトイレに閉じこもり、スタッフに頼まれて呼びに行ったという思い出話を披露。当時、二宮はジャニーズを辞めるつもりで活動していたそうで、「なんで辞めるのに、こんなに怒られなきゃいけないんだろうって。すごい悲しくなってきて。辞めるからもう(コンサートに)出なくていいやって思ったんだけど、どうやって来たかも覚えてないし、帰り方も分からないから、トイレにずっといた」と打ち明けた。

若き二宮の切ない行動にスタジオがしんみりする中、櫻井から「大野さん覚えてる?」と振られた大野智は「なんか、出てこないみたいなのは覚えてる」と回顧。しかし、相葉雅紀は「そんなに俺、覚えてないな」と明かし、二宮から「相葉さん、何覚えてます? 逆に」とツッコまれてしまう。

他にも、小学生時代の貴重映像や、ハリウッドデビューにまつわる話題なども飛び出し、関連ワードがトレンド入りするほどの盛り上がりを見せた「二宮和也記念館」。インターネット上では「嵐メンバーとのエピがたくさんあって胸アツだった」「松本潤に憧れる二宮和也面白すぎるなwwww」「トイレに引きこもって泣いちゃう二宮くんも声をかけに行った翔ちゃんも可愛いすぎた……涙を誘う雰囲気だったのにそれを覚えてない相葉ちゃんと“相葉さん何なら覚えてます?”で一気に笑いに変えちゃう二宮くんさすがすぎるんだよなあ」などのコメントが寄せられた。

次回12月12日の放送は、「嵐メンバー記念館」の第4弾となる「松本潤記念館」が開かれる。