チャンカワイ「肉はいくら食べても太らない」を豚肉で検証『それって!?実際どうなの課』

世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)が、12月2日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

SNSが発展するこの時代、巷にあふれる「気になるウマイ話」や真偽不明のネタ。忙しいし、やってもムダに終わったらイヤだし、ちょっと怖いから実際は手を出せない……そんなウワサの数々は“それって、実際どうなのか?”。そんな“気になる”ことを番組がカラダを張って、時間を使って調べていく。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川葵大島美幸森三中)、チャンカワイWエンジン)が出演する。

「肉はいくら食べても太らない」という噂を検証すべく、以前、チャンが3日で6kgの牛肉を食べたところ、太らないどころか3日で0.9kg痩せるという驚きの結果に! この結果から「豚肉ではどうなのか……?」という疑問が。噂によれば豚肉に含まれるビタミンB1には糖をエネルギーに変える効果があるため痩せると言われており、それが本当ならばどんな料理でもどんな量を食べても太らないはず。というわけでまたもやチャンが検証することに。豚肉1.5kg分のヘルシーな「しゃぶしゃぶ」と1.5kg分のジューシーな「とんかつ」とで1日ずつ体重がどう変化するのかを確かめる。果たして豚肉だけを食べると体重は減るのか!?

続いて大島寅さんが登場。家計の中でも大きな割合を占める住宅費。世の中では「手取りの3分の1」が家賃の相場とも言われている。ならば家賃100万円以上の家に住んでいる人は一体どんな人なのか? 前回、家賃100万円の家に住む人物の驚きの暮らしを調査した大島寅さん、だが東京都内には、まだまだ多くの家賃100万円以上の家は存在する。しかしなぜ、それだけの家賃を払って家も買わずに住んでいるのか? 一体どれだけの収入が? など、謎に包まれた住人の素性を徹底調査する。今回は32歳の女性の家賃約100万円の家に突撃! スリッパが20万円、高級ブランドのバッグがおよそ80個も!? 驚きの生活をする住人は一体何者なのか?

大島寅さんが32歳女性の家賃約100万円の家に突撃
大島寅さんが32歳女性の家賃約100万円の家に突撃

また、前回の放送では、世田谷に住む番組大ファンな奥様からの依頼で、緑川静香がバブル時代から眠る不用品をスマホ1つで売りさばいた。果たしてその結果は……?