マツコ『鬼滅の刃』“キメハラ”に不満!?「何で竹筒を咥えてるか一昨日知ったの」

マツコ・デラックス村上信五関ジャニ∞)がMCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系、毎週月曜23:59~)が、11月23日に放送。マツコが大ヒット中の『鬼滅の刃』をまだ見ていないと告白し、乗り遅れたのは誰も勧めてくれなかったからだと激怒した。

世間で話題となっている様々な件に対して、ちょっとだけ首を突っ込んだり突っ込まなかったりするバラエティ番組。今回は「シニア世代に知っておいてほしい横文字をクイズ形式で出題」という企画で、街頭インタビューを実施。その中の「『鬼滅の刃』はどんな物語でしょうか?」という問題に、シニアたちは「妹かな? なんか怪獣になっちゃった。見たことないんだけど」「……コロナをやっつける(物語)?」など、珍解答を連発した。

VTRを見たマツコは、まだ『鬼滅の刃』を見ていないと言い、「見てないと怒られるんでしょ? “キメハラ”が流行ってるんでしょ今。何であの娘が竹筒を咥えてるか一昨日知ったの」と告白。村上は、「まぁまぁまぁ、そっからでええんちゃうの? 別に、俺も深くはわからんもん。だいたいは何かの呼吸がらみやんか」と返答。続けて「水の呼吸なら水の技が出て来たりすんねん」と説明すると、マツコは「何言ってんのお前?」と逆ギレ。「どのタイミングで見るの?」と再びマツコが問うと、「大体、勧められてとかちゃう?」と村上。それに対しマツコは、「だって誰も私に勧めてこなかったもん」と激怒した。

実はマツコは、1年以上前にメイクルームでスタッフ間で「鬼滅の刃」の漫画の受け渡しをする場面に遭遇していたと言い、それを横目で見ながら「何で私には言わないんだろう?」と疑問に思っていたと告白。それを聞いた村上は、「私にも貸して」とその時に一言、言えば良かったと助言。結論として、「手遅れや」と伝えた。その一言で状況を察したマツコは、「次、何読んでおけばいい?」と村上に真顔で尋ね笑いを誘った。

インターネット上では、「鬼滅の刃ハラスメントに悩まされるマツコ」「マツコさんも恐れるキメハラ……」「鬼滅貸してくんなかったじゃんハラスメント?」「鬼滅はもう無理だから次に流行りそうな作品に手を出すのはまあ、賢い」「マツコは読まなくてもいいと思うw」といった反響が相次いだ。

次回、11月30日は「街行く人の絵心を調査」などが放送される。