コロチキ・ナダル、TKO木下らのサプライズ登場で大慌て&戦慄で「渡部建さんおるん?無理無理」

コロコロチキチキペッパーズナダル伊藤沙莉が11月6日に放送された『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)に出演。インターネット上では、ナダルとある芸人との対峙シーンに多くの反応があった。

世界各地の最新ニュースや、日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCはアリタ哲平ことくりぃむしちゅー有田哲平が務め、キャスターを小澤陽子アナが担当。解説員に、吉川美代子齋藤孝を迎えた。今回は、人材育成で必要な「教える力」のトレーニングを行うことになった。

齋藤曰く、難しい言葉や専門用語を知らない子供たちに「難しいこと」を解説することで教える力が養われるという。そこで、小学校低学年の児童を前に、子供たちからの疑問に答えることに。完璧な解説をする吉川や伊藤に続いてナダルが先生に。彼は「オリンピックは本当にあるの?」との質問に「分っからない! あるかもしれないし、ないかもしれない」と投げやりに。さらに子供たちから「コーツ副会長は……」「IOCの規約には……」と難しい質問が飛んできて大慌て。スタジオに戻ってきた彼に対し、アリタは「どうすればテレビの人気者になれるの?」の質問に答えるよう、再び教室へ向かわせる。

教室にいたのは、子供たちではなく『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)で一世を風靡したBOOMER河田キイチ伊勢浩二)とX-GUNさがね正裕西尾季隆)だった。「どうやればテレビに出られますか?」との問いに「需要の獲得……」と回答するナダル。西尾から「僕らが出たいのナダルさんくらいじゃないんですよ。もっと上の霜降り明星とか」と嫌味を言われると「僕より(皆さんは)だいぶ下にいらっしゃるんで」などと暴言を連発。ナダルは「出してくれここから!」「地獄やて!」と叫んだ。

アリタは「喧嘩した後、仲直りするにはどうすればいいの?」に答えさせるべく、ナダルを三度教室へ向かわせる。そこにいたのは、TKO木下隆行だった。ナダルは「激ヤバの人物!」と慌てる。小学生に扮した木下は、後輩たちを傷つけて謝罪したが、まだわだかまりがあるとして解決方法を知りたいと頭を下げた。ナダルは、彼の手元にペットボトルがあることに怯えつつ「時間が解決してくれる」「反省をしている気持ちを示していたら……」とアドバイスした。

また、木下は、YouTubeで謝罪動画をアップしたところ、38万バッドがついたと回顧。噂によると、ナダルもバッドをつけた一人だという。追及されたナダルは「記憶にございません」と否定するが、最終的に認める形に。「なんで押したんや?」との問いかけに「目指せ40万(バッド)!」とナダル。相方の西野創人とマネージャーとタクシーにいる中で見つけたと言いつつ、ナダルはマネージャーが笑っていたと回顧。「チッ。あいつ笑ってたな」と責任をなすりつけ、逃げるようにスタジオに帰った。ナダルは「心が持たへん!」と落ち込むも、しつこく、教室に行かせようとするアリタ。ナダルは木下がマックスだと訴え「渡部(建)さんおるん?」と怯えた。

しかし、そこにいたのは西野だった。西野は「アンミカさんの楽屋に侵入して弁当盗んだって本当ですか?」「阿川佐和子さんをイヤらしい目で見てるって本当?」「最近、暴露エピソードを言われているとき、8割くらいは聞いて、リアクション取るって本当?」と暴露を連発。ナダルが「営業妨害やって!」「出してくれ!」と絶叫する中、番組は終了した。

ネット上では、様々なやりとりに「先輩に対して困りながらドストレートにぶちかますナダル最高ww」「追い込まれると長打率上がるナダル」「TKO木下とナダルの絡みめちゃ面白かったwwwwwww」といった声があった。

次回は11月20日放送。三四郎小宮浩信赤楚衛二が登場する。