有吉弘行、驚きの貯金額を告白した元No.1キャバ嬢に「根っこは岐阜のヤンキー」『有吉反省会』

元No.1キャバクラ嬢でタレントのエンリケが、10月10日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「日々セレブぶりをアピールしているが、実は超貧乏性で1円もお金を使いたくないこと」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム大久保佳代子博多大吉

この日は、これまでの最高月収が6800万円で、引退前には3日間で2億3000万円を売り上げたというNo.1キャバ嬢のエンリケが登場。SNSでは移動にファーストクラスを利用し、一流ブランドに囲まれたセレブな生活をアピールしているが、実は超ドケチであることを打ち明けた。

もともとキャバ嬢時代から貧乏性で、月に数千万円を稼ぐのにも関わらず、自宅は家賃6万5000円のところに住み、店への出勤も車ではなく自転車だったという。今年1月に結婚した会社経営者の夫も、エンリケの貧乏性に対し「僕自身も限界なところがあります」とボヤいていた。

自宅では5年間ヒートテック1セットで過ごし、お腹が空いてもスーパーの割引の時間になるまで買い物に行かないというエンリケは「小さい頃に親が借金の保証人になっちゃって、騙されて家を取られたんですよ」と、貧乏性になったきっかけを告白。とにかくお金を貯めることに心血を注いでおり、無駄なお金は1円も使いたくないというエンリケに、有吉は「根っこは岐阜のヤンキーなんだよな」とツッコんでいた。

さらに、現在の貯金額を聞かれると「10億届かないくらい」とさらっと明かして出演者を驚かせるエンリケ。それだけの貯金があり、エステやシャンパンバーなどを経営しているにも関わらず、夫の依頼したハウスキーパーを断ったり、一度噛み終わったガムをもう一度噛み直したりしているそうで、バカリズムからは「ずーっと話聞いていて、この人たぶん不潔なんだろうなって」と指摘されてしまう。

そんなエンリケへの「禊」は「自腹で無駄なことに散財」に決定。かつて番組にも登場した女子プロレスラーの世志琥のために、銀座の高級エステ代やプロによるヘアメイク代を支払ったエンリケは「禊をきっかけに、(お金の使い方が)変わっちゃったかもしれない」と話していた。

インターネット上では、エンリケの人柄や番組での振る舞いについて「この親しみやすさが良いんだろうな」「自分の大事な考えや、矜持をしっかりもってるからこそ賢く見えて素敵だな」「褒め方とか、共感力とか同調力とか喋り方とか、流石元No.1だなと思う」「めっちゃ良い人でファンになっちゃう笑」などのコメントが寄せられていた。

次回、10月17日の放送は「過酷だった禊ランキング」が決定する。