嵐・相葉雅紀、志村けんさんの愛犬と対面…優しさ溢れる問いかけに視聴者「自然と涙が出てきた」『みんなのどうぶつ園』

相葉雅紀がMCを務める『I LOVE みんなのどうぶつ園』(日本テレビ系、毎週土曜19:00~ ※初回は2時間スペシャル)が10月3日に放送。インターネット上では、相葉の“愛が詰まった言葉”に注目が集まった。

相葉が番組オリジナルトレーラー車「どうぶつ園号」に乗って、日本中、世界中の動物園・水族館はもちろん、街の片隅に生きる動物たちに会いに行くバラエティ。今回のゲストは橋本環奈横浜流星ら。

相葉が、前番組『天才!志村どうぶつ園』からバトンを受け継いだということから、今回、志村けんさんのご自宅で働いていた家政婦の一人・星野さんのもとへ。星野さんは、志村さんが飼っていた愛犬の殿くんとチロくんの散歩やお世話などをしていたという。星野さん曰く、殿くんは志村さんに忠誠を尽くすタイプ。チロくんは自由奔放で独占欲が強いため、チロくんが志村さんのそばを離れなかった。一方の殿くんは、いつも離れて様子を見ているため、志村さんは寝室に殿くんのみを入れて十分に甘えさせていたと明かした。

志村さんが入院した時、いつもならおとなしくしている2匹がソワソワして、自宅中を回り、志村さんを探していたという。チロくんはエサを食べに行くなどしていたが、殿くんはあきらめがつかないのか、玄関で志村さんの帰りを待っていた。そんな中、星野さんが衛生関係上で閉めていた寝室に入ると、殿くんも侵入。もちろん、そこには志村さんはいない。それからというものの、殿くんは何かを察したのか、徐々に元気がなくなり、エサや水を拒否するように。相葉は「そこが殿くんの砦だった。(唯一入っていなかった)寝室に志村さんがいると思ったけど、いなかったっていう……」とポツリ。星野さんも「あの瞬間、殿くんの希望が崩されたんだなって」と語った。

衰弱していたものの、星野さんの息子たちの協力もあって散歩も行くように。食欲も回復し、しっぽが上がるようになった。そこで長男が殿くんを「連れて帰る」と申し出たと回顧。全国にたくさんファンのいる志村さんの愛犬を引き取っていいものか悩んだが、志村さんの所属事務所の後押しもあって、星野さん宅で飼うことになったというエピソードが語られた。

ここで、相葉が殿くんと対面。お座りやお手、エサやりもして「思っていたより元気でよかった」という相葉に、星野さんは「心開くのが早い」と驚く。さらに、相葉自ら殿くんをシャンプーしていくことに。最初は噛まれると思っていたものの、すんなり洗わせてくれたため「園長の舎弟だって伝わったのかな?」と笑顔に。身体もかわかして元気になったように見える殿くんに、相葉は「長生きするんだよ。園長が絶対に見守っているから」と語りかけていた。

ネット上では、志村さんの愛犬と相葉の触れ合いシーンついて「殿くん、元気そうにしていて本当に良かったよ(T_T)」「自然と涙が出てきました」「ずっと先のいつの日か、虹の橋で殿くんが園長に会えたらいいな」の声があった。

次回は10月10日放送。安藤サクラが伊豆七島・御蔵島で野生イルカの群れと遭遇する。