日向坂46 丹生明里・影山優佳、元サッカー日本代表と試合にガチ奮闘「マジでイキイキしてる!」『有吉ぃぃeeeee!』

有吉弘行タカアンドトシアンガールズ田中卓志が本気でオンラインゲームをプレイする『有吉ぃぃeeeee!〜そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系、毎週日曜22:00~)。9月20日の放送では「2週連続FIFA20スペシャル第1弾」と題し、矢作兼おぎやはぎ)、丹生明里影山優佳日向坂46)に加え、サッカー日本代表レジェンドプレイヤーが登場。総勢11人の「有吉JAPAN」が熱い戦いを繰り広げた。

「FIFA 20」は、全世界でシリーズ累計販売数2億本以上を誇るサッカーゲームの金字塔。実際の試合と同じように1人が1キャラを操作し、最大22人で対戦することができる。スタジオの背景もいつもと趣向が変わり、サッカーの試合中継のさながらのスタイリッシュなビジュアルに。今回は「有吉JAPAN代表メンバー」として、丹生、影山、控え選手の錦鯉長谷川雅紀に加え、サッカー元日本代表選手の中澤佑二名波浩柱谷哲二岡野雅行という豪華なメンツが参加した。

今回はプレイレベルを「アマチュア」に設定し、CPU(コンピューター)チームと対戦。前半はメンバーの息がなかなか揃わず苦戦するが、矢作がゴールを決めることに成功する。

ゴールの瞬間をリプレイで見ようと一同が待ち構えていたところ、うっかり丹生がコントローラーを操作してしまい、リプレイが省略されてしまう。犯人が自分であることに気づき、あわてふためく丹生に、有吉は「リプレイが一番大事なんだから!」と注意。矢作も「あれ見たくて頑張ってるんだから……」と、悔しさをにじませながらぼやいた。

やがて有吉がゴールを決め、みごと初陣で勝利を収めた有吉JAPAN。感想を聞かれた名波は、キーパーながらアピールの激しかったタカに「上がっちゃダメです、ゴールキーパー(が)」と注意。これにタカは「俺だって見せ場作りたいですよ」と言い返すが、有吉からの「(このままだと選手)チェンジあるよ」という言葉に、謝罪ギャグでオチを付けた。

休憩時間には名波から、静岡県浜松市の老舗「うなぎ料理 あつみ」の極上のうなぎ弁当の差し入れが。その味に、丹生と影山は、「ん!」と思わず顔を見合わせた。

休憩明けの2回戦目では、プレイモードを一段あげて「セミプロ」に。メンバーは一層ヒートアップし、名波から「丹生! ラインそろえてないよ! しっかり!」と、ガチの指導が飛ぶ一幕も。これには有吉も思わず「本格的になって緊張してきた」とコメントする。

元サッカー日本代表に囲まれ、試合に奮闘する丹生と影山の姿に、インターネット上では「マジでイキイキしてる!」「影ちゃんのワンツーの声が聞けて大満足」との声が。チャントやコールなど、本格的なサッカー中継さながらの演出にも「随所に散りばめられたサッカー愛溢れる演出に感心した」「背景もオリジナルチャントも選曲も良かった」と、絶賛の声が寄せられていた。

次回9月27日の放送は「有吉JAPAN 運命の雪辱戦」と題し、今週に引き続き有吉JAPANが熱闘を繰り広げる。