ラーメンを年間1800杯以上食べる謎のセレブ男性が登場!「自分の体を使って人体実験」『あの人が「いいね」した一般人』

吉木りさが、9月7日に放送された『あの人が「いいね」した一般人』(テレビ朝日系、毎週月曜25:56~)に出演。「ラーメンの変態」だという謎のセレブ男性を紹介した。

人気芸能人が「いいね」をしている一般人が一体どんな人なのかを探るべく、芸能人のSNSを徹底リサーチする同番組。芸能人の“あの人”は、どうして一般人に「いいね」したのか? 青山テルマ吉村崇平成ノブシコブシ)、渡辺直美が、SNSだけではわからない「いいね」の裏側に迫る。

一児の母・吉木は、「ほとんど子育て日記みたいになってますね。子供の成長をずっと少しずつアップしています」と自身のInstagramを紹介。そんな吉木が「いいね」しているのは、ラーメン画像がズラリと並ぶ「麺テロリストまろ」さんだ。元々は夫・和田正人の知り合いで、「謎に包まれていて怪しさ満点」と話す。

後日、スタッフと待ち合わせした麺テロリストまろさんは、3000万円の高級車で登場。身なりもセレブないで立ちで、渡辺は「独特な人ですね」とコメント。麺テロリストまろさんこと寺田昌之さん(45)は、「ラーメンがとにかく好きで年間1800杯以上食べているので、(ラーメンは)一生終わらない片思い。ずっと宝探しをしているようなもの」と語った。

密着1日目。寺田さんは「これをやらないと意味がないので」とサプリメントを服用してからいざラーメン店へ。立て続けに5軒のラーメン屋をはしごし、わずか3時間で6杯のラーメンを完食。一旦自宅に戻り、机に向かい「新しい新商品のパッケージ決めとその見積もりの交渉とか」と事務作業を始めた。

密着2日目。この日も午前中からラーメン屋を巡り5時間で7杯のラーメンを堪能。さらに夜は、会食でお寿司のフルコースも食した。年商20億円は超えているという寺田さんの職業は、健康食品や化粧品を製造する美容商社の代表取締役。「太りやすいと言われてるラーメンをあえて食べて、それでも太らないというものを自分の体を使って人体実験している」という。その寺田さんが体型維持のために10年間欠かさず行っている、30個以上に及ぶルーティンとは?

次回は9月14日に放送される。

PICK UP