玉木宏&高橋一生の“目の演技”に大反響!「複雑な感情を表現していて、すごい役者さん」『竜の道』第6話

玉木宏が主演を務めるドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第6話が、9月1日に放送。インターネット上では、双子の兄弟を演じる玉木と高橋一生の“目の演技に”多くの反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

同作は、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンスドラマ。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木が演じ、竜一の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を高橋、竜一と竜二の血のつながらない妹・美佐を松本穂香が演じる。原作は、2015年に急逝した作家・白川道による未完の同名小説。ドラマ版ではオリジナルの展開と共に、波乱に満ちた竜一と竜二による復讐劇を結末まで描いていく。玉木、高橋、松本穂香のほか、遠藤憲一西郷輝彦斉藤由貴細田善彦松本まりか奈緒今野浩喜渡辺邦斗が出演する。

竜一は、ITコンサルタントの和田猛として、霧島源平(遠藤)の息子の晃(細田)に接近。晃に社内クーデターを起こさせ、源平を社長の座から引きずり落とそうとしていた。そんな中、源平の妻・芙有子(斉藤)が自宅で倒れ救急搬送される。源平の狼狽ぶりを見た竜一はチャンスとばかりに、源平の辞任を要求する取締役会の日程を早めようと画策。また、日ごろから取締役の間には源平に対する不満がたまっており、竜一はこの中から源平を裏切るものが必ず出てくると踏んでいていた。

竜一の読みは当たり、取締役の1人・二見(小市慢太郎)は、竜二に“社長の進退に関わる重要な情報”を提供する。竜一から「誰か密告しに来たか?」と聞かれた竜二は「誰も来なかったよ。裏切り者はいなかったってことだろ」とうそをつき、情報を竜一に教えることはなかった。取締役会当日、芙有子が入院する病院で2人は対峙。竜一は「本当はいたんだろ? 裏切り者が。お前、何考えてる?」と詰め寄り、「何で俺に言わなかったんだ!?」と激高。「迷ってたのか?」と問いかけると竜二から「俺がお前を裏切るかどうかをか? 殺しでもしたら困るからだよ」と告げられ、過去に殺人を犯したことを竜二に隠している竜一は絶句してしまう。

ついに取締役会が始まる。しかし晃は源平に対して辞任を要求することができずにいた。晃は前日、母・芙有子が源平に宛てた手紙を読み躊躇してしまっていたのだ。竜一は源平が電話に出た隙に「動議を提案してください! あんたの理想のためでしょう!」と鬼の形相でけしかける。しかし源平にかかってきた電話は、芙有子の容体急変を告げる娘のまゆみ(松本まりか)からのものだった……。

インターネット上では玉木と高橋の目の演技に「高橋一生のガラス玉みたいな目と、玉木宏のギラギラした目。目の演技だけで、複雑な感情を表現していて、すごい役者さんだ」「主演俳優二人の目の表情、魅せる演技力! 昨夜も引き込まれてしまったわ」「(高橋一生の)目線といい、微かな顔の筋肉の動き口元、目の奥の光がスッと消えたりなんなの、この人! 凄い! 好き!!」などと称賛のコメントが寄せられていた。

次回第7話は、9月8日に放送。源平への復讐計画はいよいよ最終章へ!