浮世絵マニア市川猿之助がナビゲート!田野優花&堀口茉純も驚きの世界が…『浮世絵FIVE』

市川猿之助がナビゲーターを務めるBSテレ東開局20周年記念特別企画『浮世絵FIVE!!~世界を変えた5人の絵師たち~』(BSテレ東、BSテレ東4K)が、8月30日(日)19時から放送される。

集合写真
集合写真

同番組は、江戸時代に200年にわたり進化を続け、様々なジャンルや、表現技法が生み出された浮世絵にスポットをあてた知的エンターテイメント。進行を務めるのは角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)。ゲストに太川陽介田野優花(元AKB48・女優)、堀口茉純(タレント・歴史作家)、監修に安村敏信(美術史研究家・北斎館館長)を迎える。

米ライフ誌が発表した「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に選ばれた唯一の日本人といえば、葛飾北斎。北斎の浮世絵は、モネ、ドガ、ゴッホら19世紀に登場した印象派画家たちにも多大な影響を与え、美術の歴史を変えたと言われている。今年、そんな北斎の肉筆画と思われる大変貴重な掛け軸が発見されたと聞き、いち早く取材。テレビで初めて公開される。

さらに番組では、「鈴木春信:アイドル文化を育てた仕掛人」「喜多川歌麿:ミクロ表現の超絶テクニシャン」「歌川広重:元祖・街ぶらの江戸オタク」「葛飾北斎:ピカソも驚愕!視覚のマジシャン」「歌川国芳:現代アニメを先取りした奇才」とジャンルに分けて、世界を変えたと呼べるエポックメイキング的な5人の絵師を掘り下げていく。

芸能界きっての浮世絵マニアである猿之助は、「見るだけでは飽き足らず、収集を致しまして、1枚、2枚、3枚……と買っていくうちに3000枚以上の数が集まったほど好きです。浮世絵というと、とかく分かりにくい、とっつきにくい、高尚なものだとありますけれども、今回は、分かりやすい、親しみやすい、そして面白かったという内容になっております。ゲストの方々のそれぞれの意見もみどころとなっております。今回、浮世絵を代表する5人の絵師が登場しましたけど、実は私が大好きなのは、歌川豊国です。5人の中には入ってませんでした。残念です」とコメントを寄せた。