かまいたち、独自の“YouTube論“披露に視聴者絶賛「完全にプロ目線」『ゴッドタン』

8月22日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系、毎週土曜25:45~)は、新企画「YouTube芸人サミット」が行われ、かまいたち山内健司濱家隆一)やニューヨーク嶋佐和也屋敷裕政)、さらば青春の光森田哲矢東ブクロ)やダイアンユースケ津田篤宏)など、YouTubeにチャンネルを持つお笑いコンビ4組が登場。独自の“YouTube論”を戦わせた。

まずは、今一番YouTubeに力を入れていると言われているかまいたちの2人が、芸人のYouTubeチャンネルの種類について解説。ネタ系や企画系、趣味・特技系など様々なチャンネルがある中で、現在は狩野英孝すゑひろがりずなどの配信しているゲーム実況系のチャンネルに注目が集まっていることを説明。かまいたち自身もゲーム実況を試してみたところ、かなりの再生回数を記録したという。

レギュラーの劇団ひとりは「誰かがやっているからってのは、気にしなくていいんだ?」と、他の芸人のマネになってしまっていることを指摘するが、山内は「それ、テレビの人の考え方です」とキッパリ。「YouTubeはみんながやってることを自分もやるのがいいんです」と、自身の考える“YouTube論”を語っていた。

実際に50万人以上のチャンネル登録者数を誇るかまいたちは、他の芸人たちのトークにも鋭く反応。森田が「登録者数はほぼ関係ない。再生回数で収益は決まる」と説明すると、山内は横から「いや、それは違う」と反論。相方の濱家も、森田からYouTubeに詳しすぎることを指摘されると、「“めっちゃ調べてるやん”って笑ってるところがまだ芸人ですね」といなしていた。

かまいたちの2人は自身のチャンネルのコンセプトとして「芸人ではなくYouTuber」を掲げ、YouTuberとして真剣に取り組んでいることを力説。山内は「YouTubeをする上で、“俺芸人なんで”っていう尖りは全くいらない」と持論を展開し、さらば青春の光のチャンネルが「YouTubeからテレビへ」というコンセプトを掲げていることに対し、「テレビを上に見ている感じがありますよね。もう、そういう時代じゃないんです」と言い切っていた。

その一方で、「バズった企画」を紹介するコーナーでは、さらば青春の光のチャンネルで224万回再生を記録した「相方のバイクを勝手に金ピカに塗ってみた」というドッキリの動画を絶賛。この動画は、他のトップYouTuberたちもマネをするほどの人気企画だったそうで、山内は「僕らはあんな素晴らしい企画、1回も出てきてない」と、手放しで褒め称えていた。

YouTuberの立場で熱弁を振るうかまいたちの2人に、視聴者も反応。インターネット上では「完全にプロ目線w」「今日の回のかまいたち、すげぇカッコイイ」「『ゴッドタン』でかまいたちがめちゃくちゃ核心をついたこと言ってる」「山内先生の講評に聞き入ってしまう」などの声が挙がっていた。

PICK UP