『働かざる者たち』主演の濱田岳、名バイプレイヤーとの芝居を堪能!「百人組手のようだった」

8月20日、俳優の濱田岳が主演を務めるドラマパラビ『働かざる者たち』(テレビ東京系、8月26日スタート、毎週水曜24:58~)オンライン取材会に出席し、作品への意気込みを語った。

本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」にて連載され、小学館クリエイティブから単行本が発行されたサレンダー橋本の同名人気コミックをドラマ化。「毎産新聞社」のシステム部に勤める入社7年目の主人公・橋田一(濱田)が、勤労意欲のない周囲の社員たちを見て、自分の生き方を模索していく姿を描いたヒューマンストーリー。

濱田岳
濱田岳

濱田は、自身が演じる橋田という役について「自分の生き方に迷っている一社会人なのですが、新聞社にいる働かないおじさんたちと出会って、仕事って何だろうとか、自分の人生を見つめなおしていく人物」と説明。「自分の人生を真面目に考えている姿が、指さして笑ってもらうぐらい、視聴者の皆さんにみっともなく映ってくれれば」と役作りについて明かした。

橋田に影響を与える“働かないおじさん”たちには、梶原善矢柴俊博甲本雅裕浜野謙太升毅柳沢慎吾林泰文といった魅力的な面々が顔をそろえる。濱田は「空手の百人組手じゃないですが、毎回、バイプレイヤーと呼ばれるような先輩方と一緒に芝居ができるのは幸せです」と目を輝かせると、柳沢について「今回初めて共演させていただいたのですが、あれだけパブリックイメージ通りの人は初めてでした」と面白エピソードも披露していた。

また、橋田のように人生に迷った時期を問われた濱田は「高校生のころ、『3年B組金八先生』という作品で、半年ぐらい学校を休んだんです。それまで俳優業を将来の生業にしていく気持ちはなかったのですが、半年も学校に行かないともう戻れないかもしれないし……という気持ちになって、しっかり選択しないといけないと感じたんです。そこで俳優業を一生の仕事にしようと決めたわけではないのですが、勉強はいつでもできるので、こっちをやってみようと思ったのがその時期でした」と当時を振り返っていた。

「題名からするとすごく社会派の作品と勘違いするかもしれませんが、あくまでコメディなんです」と濱田。それでも「コロナ禍で仕事に対して考え方を巡らせた人が多かったのでは」と現在の情勢に触れ、「そういう方のガス抜きになればいいかなと。素晴らしい先輩方の演技を含めて、働くことへのストレスを僕らにぶつけて次の日に向かっていける作品になってくれれば」と作品に思いを馳せていた。

PICK UP