浜辺美波と横浜流星の“ラブシーン”に視聴者反応「綺麗すぎてお金払っていいレベル」『私たちはどうかしている』

浜辺美波横浜流星がW主演を務める水曜ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第2話が8月19日に放送。インターネット上では、2人の布団でのラブシーンや“昼ドラ”的な展開に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマの原作は、累計発行部数200万部超の安藤なつみの同名コミック(「BE・LOVE」連載中/講談社) 。浜辺演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人の花岡七桜と、横浜演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子の高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも強く惹かれ合う物語だ。

見習いの職人・城島裕介(高杉真宙)から、先代の樹(鈴木伸之)が殺された後に、従業員が総入れ替えしたことを聞いた七桜。事件当時のことを探るべく、事件前から取引がある呉服店「白藤屋」に目をつける。

祈晴祭で大量の注文が入り、他のオーダーがストップしている日、七桜の策略により「白藤屋」の注文を受けることに。怒りを露わにする椿に、七桜は臆することなく「信頼を大事にする店は注文を断ったりしないですよね?」と強引に推し進めた。

祈晴祭当日。事件の手がかりを探る第一歩として白藤屋を訪れた七桜だったが、持参した菓子が赤く染め上げられパニックに。そこに椿がやってきて「嘘をつくからこんなことになるんだ」と語りかける。じつは、今回の注文は七桜の嘘。椿はそれを知っており「大切なお客様を一人失った」と言い放つ。

珍しく白藤屋に渡すお菓子を、女将・今日子(観月ありさ)がチェックしていたと知った七桜は、直接彼女に問いただすことに。すると今日子は「お客様に失礼をする人間は置いておけない」と彼女の荷造りをしていた。「私、出て行ったりしません」と強気に返す彼女にいらだちを隠せない今日子は「この疫病神!」「よそ者はいらない!」と花瓶の水をかける。

さらに、母・百合子(中村ゆり)から受け継いだ仕事道具などが入った一式を捨てようとする。そのはずみで道具が池に。躊躇することなく池に入る七桜に「まぁ汚い。もう二度と光月庵に足を踏み入れないで」とあざ笑う今日子。そこに椿がやって来る。涙をこらえる七桜に、椿は池に入って道具を拾い上げ「もう少しここにいてもらいます」と宣言。白藤屋から、七桜指名で最中の注文が入ったという。

七桜のアイディアと気持ちで、何とか白藤屋の信頼を回復。「これからもずっと食べていきたい」とお墨つきをもらい、何とか危機を脱出できた。その日の帰り道。“夫婦らしいこと”をするため、椿と七桜は手をつないで帰ることに。七桜は“ドキドキなんてしない”と心の中でつぶやく。

その後、あることで大旦那・高月宗寿郎(佐野史郎)の怒りを買ってしまった七桜を守るため、椿は彼女と同じ部屋で生活することに。布団を並べて寝ていると、椿は「さくら」のことを語りだす。七桜は、憎しみを覚えつつも椿を抱きしめる。“世界で一番憎いはずなのに”“大嫌いなのに”と思いながらもキスをし、身を任せようとするが……。

ネット上では、2人のベッドシーンに「横浜流星と浜辺美波のベッドシーン無料で見ていいんですか?? 綺麗すぎてお金払っていいレベルなんですけど??」「もぉ、エロい。こんなにチューがえろくできるの横浜流星ぐらいでしょ?笑」の声が。そのほか、今日子と七桜の確執に「すっごいドロドロの昼ドラみてる気分なる」「観月ありさ、鬼姑役めちゃはまり役すぎ」との反応があった。

画像ギャラリー