矢島舞美が歌手役で登場!山口まゆとハートフルな交流は必見『女子グルメバーガー部』

12人の女優が主役を務めるドラマ25『女子グルメバーガー部』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第7話が、8月21日に放送。矢島舞美が、歌手の不二すみれ役で登場、山口まゆは、ファンの女子高生役を演じる。

矢島舞美、山口まゆ
矢島舞美、山口まゆ

普段なじみのあるハンバーガーとは味や量、材料、製法、そして値段も一線を画す“グルメバーガー”。本作は、今ひそかにブームになっているグルメバーガーの魅力にハマった12人の女子たちが主役を務める。12人の中から、毎回2人の悩める女子が登場し、これまで食べたことのないグルメバーガーを頬張ることで少しだけ前向きになる、オムニバス形式のグルメコメディドラマだ。オープニングでは日本のDJ界の草分け的存在、小林克也がナレーションを担当する。

週替わりでドラマ内に出てくるグルメバーガー店は全て実在する店舗を使用しており、肉重視の“肉厚バーガー”、個性的な“変わり種バーガー“など、そこでしか食べられない唯一無二のグルメバーガーが続々登場。その料理シーンやこだわりポイント、完成までを、ハイスピードカメラを駆使し、照明やパティを焼く音などにも力を入れ、しずる感満載で丁寧に描写する。新進気鋭の女優たちが大きく口を開けて、グルメバーガーにかぶりつく姿にも注目だ。

<第7話あらすじ>
路上ライブを行っていた不二すみれ(矢島)は、なかなかお客さんが増えず悩んでいた。自信をなくした彼女は、何度か路上ライブに訪れていた女子高生の筧川彩花(山口)に歌手を辞める事を告げる。すると、「すみれの歌を楽しみにしていた」と彩花は残念がる。そんな彩花を見て、すみれは思わずグルメバーガーを食べに行こうと誘ってしまう。向かったお店は、ハンバーガーマニアの元バンドマンが営む、独創的なグルメバーガー店だった! 一体どんなこだわりのバーガーが出てくるのか?