ツンデレお嬢様・伊原六花、小西詠斗に胃袋をつかまれる!?『どんぶり委員長』

女優の伊原六花が、10月24日(土)からスタートする真夜中ドラマ『どんぶり委員長』(BSテレ東、毎週土曜24:00~/テレビ大阪、毎週土曜24:56~)で主演を務めることがわかった。伊原は、育ちがよく、まじめで高飛車な性格の主役・委員長を演じる。また、俳優・小西詠斗の出演も発表された。

同ドラマは、市川ヒロシによる「どんぶり委員長」(双葉社アクションコミックス)が原作で、池田テツヒロが脚本を担当する。主人公は、クラスメイトからマジメで高飛車と思われている委員長(伊原)。彼女はある日、奇跡の出会いをする‼︎ それは、クラスの問題児・吉田(小西)が作った親子丼。どんぶり飯を食べたことがない委員長が、生まれて初めて親子丼を口にすると、今まで味わったことのない感動が! それ以来、委員長の頭の中は「どんぶり飯」の事でイッパイになり……⁉︎ 何でもどんぶりでかき込みたくなってしまう新グルメドラマだ。

伊原は、“バブリーダンス”で注目を集め『NHK紅白歌合戦』(NHK)にも出場し、『チア☆ダン』(TBS系)や『連続テレビ小説 なつぞら』(NHK)などにも出演した、歌って踊れる若手女優。今回のオファーについて「この作品に参加させていただける事になり本当に嬉しいです! 原作を読んで、委員長はどんぶりに対しての心の中の葛藤と同時に抑えきれないどんぶりへの興味と期待に真っ直ぐな所が、普段の委員長とのギャップがあって、すごく愛おしいキャラクターだなと思いました。作品には吉田君のアレンジが効いた食欲をそそるどんぶりが沢山出てくるので、皆さんにどんぶりの新しい魅力をお届けできるよう全力で頑張ります!」と意気込む。

一方、見た目は悪そうだけど料理の才能は抜群の吉田を演じる小西は、AbemaTV『白雪とオオカミくんには騙されない』への出演で一気に注目を集め、人気舞台『刀剣乱舞』や『テレビ演劇 サクセス荘2』(テレビ東京系)にも出演している若手俳優だ。出演が決まった時、「とても嬉しい気持ちで一杯だったのですが、その反面、今まで料理をほとんどした事が無かったので、僕で大丈夫かな? と不安な気持ちもありました。それから料理を勉強し、練習していくうちに楽しくなり、今ではとてもワクワクしています。お芝居はもちろん、お料理のシーンでも見せ場が作れたら良いなと思っています。また、原作がある作品なのでイメージを大切にしながら演じたいと思います。スタッフの皆さん、視聴者の皆さんの思いに応えられるよう、一生懸命撮影に臨みます! 宜しくお願いします」とアピールした。

原作の市川は、「ドラマ化、大変嬉しく感じております。自分で考えたどんぶりのレシピがドラマ内で披露されるのと、委員長と吉田の恋の行方もどう発展していくのかとても楽しみです。お腹を空かせて鑑賞したいと思います」と喜びのコメント。

劇中に出てくる料理もさることながら、お嬢様のツンデレ学級委員長とイケメンのアウトローという二人の恋模様や、これから発表されるゲスト共演者たちとのやり取りに注目が集まる。

<あらすじ>
ばたふ学園2年C組の学級委員長(伊原)は裕福な家庭のお嬢様育ち。真面目でちょっと高飛車な彼女はある日、調理実習をサボったクラスメイト吉田(小西)に食材の鶏肉を届ける。そこで吉田の作った親子丼に興味を持った委員長は翌日、学校で吉田に親子丼を作るよう命じる。それは、委員長とどんぶりの奇跡の出会いだった。今までどんぶりを食べたことのなかった委員長は、どんぶりの魅力に目覚めた。そして、次から次へと吉田へ注文をする。ひたすらどんぶりを作る吉田。ひたすら食べる委員長。それはいつしか恋へと……?

PICK UP