浜辺美波VS横浜流星!和菓子対決の行方は…!?『私たちはどうかしている』第1話

浜辺美波横浜流星がW主演を務める新水曜ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)が、8月12日にスタートする。

同ドラマの原作は、累計発行部数200万部超の安藤なつみの同名コミック(「BE・LOVE」連載中/講談社) 。浜辺演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人の花岡七桜と、横浜演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子の高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも強く惹かれ合う物語だ。

<第1話あらすじ>
花岡七桜(浜辺)は和菓子作りに情熱を注ぐ才能溢れる若き和菓子職人。ある日、贔屓の客で茶道の宗家の娘・真由(小島藤子)に頼まれた七桜は、結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決を受けて欲しいと頼まれる。自分の御菓子を大勢の人に食べてもらえるチャンスに心踊る七桜だが、対決相手が創業400年の金沢の老舗和菓子屋“光月庵”だと聞き絶句。それは15年前、七桜から全てを奪った店だった。

15年前――。和菓子職人だった母・百合子(中村ゆり)とともに光月庵に住み込むことになった幼い七桜は、光月庵の同い年の一人息子・高月椿と出会い、和菓子作りの面白さに目覚めていた。明るく人懐こい椿と優しい百合子と共に幸せな日々を過ごしていたある日、明け方の雷鳴に目を覚ました七桜は、母屋へ。椿が咲き乱れる庭の先で七桜が見たのは、血まみれで立ち尽くす椿と、その足元で息絶えている椿の父・樹(鈴木伸之)の姿だった。従業員たちが駆けつける中、椿は父親を殺したのは百合子だと証言する……! 椿の一言で殺人犯の娘となり全てを失った七桜は、血の“赤”が怖いという致命的なハンデを抱えながらも、和菓子作りだけを心の支えに生きてきたのだった。

母・百合子(中村ゆり)とともに光月庵に住み込むことになった幼い七桜
母・百合子(中村ゆり)とともに光月庵に住み込むことになった幼い七桜

その光月庵が相手と知り、和菓子対決を辞退する七桜。そんな中、住み込みで働いていた店から突然解雇されてしまう。原因は、毎日店に届く「花岡七桜の母親は人殺しです」というメールだった。雨の中行き場を失った七桜は、見知らぬ男・多喜川(山崎育三郎)から母から預かっていたという手紙を渡される。今は亡き母の思いを知った七桜は、長い黒髪をバッサリと切り落とし、光月庵との和菓子対決に臨む覚悟を決める。

七桜(浜辺)は、多喜川(山崎育三郎)から母から預かっていたという手紙を渡される
七桜(浜辺)は、多喜川(山崎育三郎)から母から預かっていたという手紙を渡される

和菓子対決当日。15年ぶりに顔を合わせた椿(横浜)の冷たく自信に満ちた姿を前に、思わず体を強張らせる七桜。椿が七桜の正体に気付かない中、七桜は“食べる人への思いを込める”気持ちで持ち直す。対決の御菓子のテーマは“桜”。七桜と椿、二つの才能が織りなす美しい和菓子対決の行方は……?

対決の後、七桜を待っていた椿は、“初対面”の七桜に、突然プロポーズ……!? 七桜と椿、二人の波乱に満ちた運命が動きだす―――!

“初対面”の七桜(浜辺)に、突然プロポーズする椿(横浜)
“初対面”の七桜(浜辺)に、突然プロポーズする椿(横浜)

画像ギャラリー