滝沢カレン、神田伯山の“Matt風メイク”に大爆笑!

話題の講談師・神田伯山滝沢カレンがロケVTRを見ながら「あーだこーだ」と反省するバラエティ『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系、毎週土曜24:10~※一部地域を除く)が8月1日に放送。今回は、タレントのMattダレノガレ明美がゲスト出演し、伯山とロケを行った。

この日は、「Mattのプライベートに密着だ」と題したロケ企画を実施。Mattと初対面の伯山は、さっそく「どういうことなんですか?」とMattのメイクについて質問。そもそも野球少年だったというMattは、大学生の頃にブライダルモデルを経験し、美容に開眼。現在は化粧に1時間30分もの時間をかけるほどになったのだとか。

また、Mattとは毎週会うほどの仲良しだというダレノガレも美容にはこだわりがあるそうで、最近は整形、皮膚科、エステなどを備えたクリニックを開業。アイライナーやマスカラ、まつげ美容液などのプロデュースも行っており、「めちゃめちゃ多岐にわたっているじゃないですか」と伯山を驚かせていた。

頻繁にテレビに出ていた頃は、何にでも噛み付くキャラで売っていたというダレノガレに、伯山は「今の僕に近いですね」と指摘。ところが、Mattとダレノガレは伯山と実際に会ってみて、まったく嫌な感じがしなかったそうで、それを聞いた伯山もまんざらではない様子だった。

スタジオでは、ダレノガレとはモデル時代の先輩後輩だったという滝沢が当時を回顧。「明美」と呼ぶほど仲が良かったにも関わらず、最近は会っていないそうで、「仲良かった……」と言い直し、伯山から「え? 過去形?」とツッコまれていた。

また、Mattとも面識があるという滝沢だったが、Mattの父である桑田真澄については「印象はないんですけど……」と発言し、スポーツへの無関心ぶりが発覚。「お世辞抜きで、野球は見ないんですよ」と明かした滝沢は、元巨人軍の松井秀喜を「ジャイアント松井?」と呼び、伯山から「馬場とかぶっちゃってます」と指摘されていた。

ロケでは、伯山が2人と芸能人御用達のビューティークリニックへ。老廃物を流してむくみを取るコンフォートという施術を20分ほど行ってもらうが、その仕上がりに滝沢は爆笑。伯山も目の据わった自身の写真に「殺人犯だよ!」とダメ出しをしていた。さらに、Mattから“Matt風メイク”を施されると、「野性味がありますね。ますます俺、ベテランセクシー男優のメイク終わりましたにしか見えない」と自嘲。滝沢も手を叩いて笑い転げていた。

ゲストの2人と伯山の絡みは、インターネット上でも話題になり、SNSでは「珍しい組み合わせだなぁw」「Mattにメイクしてもらうのいいなw」「ほんとに笑っちゃうwww」などのコメントが投稿され、盛り上がりを見せていた。

PICK UP