巨匠エンニオ・モリコーネを偲び『夕陽のガンマン』が放送!若きクリント・イーストウッドにも注目

7月6日に91歳で亡くなった映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネさんを偲んで、7月15日(水)17時58分から、水曜映画館枠にて『夕陽のガンマン』(1965年)が放送される。

モリコーネさんは、『夕陽のガンマン』のほかにも『アンタッチャブル』『ニュー・シネマ・パラダイス』など、500作以上の映画の音楽を手掛け、アカデミー賞も受賞した偉大なる音楽家。今回放送される『夕陽のガンマン』の主演は『許されざる者』『ダーティハリー』シリーズのクリント・イーストウッド、『西部悪人伝』『続・夕陽のガンマン』のリー・ヴァン・クリーフ。『荒野の用心棒』『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』のセルジオ・レオーネが監督を務めた傑作マカロニ・ウエスタンだ。

<ストーリー>
“モンコ(片腕)”と呼ばれる名無しの男(クリント・イーストウッド/山田康雄)は、せっかちで性格も激しい若いガンマン。一方“大佐”と呼ばれる男(リー・ヴァン・クリーフ/納谷悟朗)は、冷静沈着に仕事に取り組む上品な初老の紳士。2人はお互いの存在を知らなかったが、インディオ(ジャン・マリア・ヴォロンテ/小林清志)という凶悪な強盗殺人犯を探し、殺そうとしているのは同じだった。

2万ドルの賞金首のインディオを追いかけ出会った2人は、お互いに対する不信から決闘寸前に。だが賞金を山分けするということで手を組み、協力してインディオを探し出すことにする。その頃、当のインディオは牢屋から脱獄し、仲間と共にエル・パソの銀行を襲う計画を練っていた……。