武田真治、神田伯山の“いじり”にツッコみ連発!結婚相手を聞かれ「調べろ、ネットで!」

話題の講談師・神田伯山滝沢カレンがロケVTRを見ながら「あーだこーだ」と反省するバラエティ『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系、毎週土曜24:10~※一部地域を除く)が7月11日に放送。今回は、先日結婚したばかりの俳優・武田真治がゲスト出演し、伯山とロケを繰り広げた。

この日は、2020年3月に行われたロケがオンエア。「新婚・武田真治のプライベートに密着だ」と題して、伯山が結婚間近だった武田の家電選びに付き合うことに。伯山はかつて武田が出演していた時代劇のナレーションを務めており、武田からそのことを指摘されると、すっかり忘れていたのか、「出てましたねぇ」と思い出したように反応し、武田を苦笑させてしまう。

家電量販店に到着した2人は、さっそく様々な最新家電をチェック。武田は案内をしてくれる店員に「こういう物があると、家事も楽だし、女性が喜ぶんじゃないかなって物をレクチャーしていただけたら」とお願いするが、伯山が横から「相手は誰なんですか?」と水を差し、「調べろ、ネットで!」と思わず声を荒げてしまう。

伯山の暴走は止まらず、武田が7000円のヨーグルトメーカーを自腹で伯山にプレゼントすると言い出した際も、かつて自身が花田優一の作った靴を40万円で購入したときのことを引き合いに出し、「それから比べれば、7000円くらいのヨーグルトメーカーなんて屁でもないですよ」と口を滑らせ、武田から「気持ちよく買えない」と文句を言われていた。

伯山の“いじり”に素早く反応していた武田だが、スタジオの滝沢に対しては「何度かお会いしているんですけど、僕ね、彼女にハマってないと思うんですよ」と告白。この発言には滝沢が「ハマってないわけじゃないです」と慌てて、「本当、素敵な人だし、良いと思うんですよね」と反論。しかし、武田と共演した番組を思い出せず、伯山から「これは酷い! この愛情の無さ」とツッコまれていた。

家電量販店を後にした2人は、武田の希望により、日本で唯一、室内スカイダイビングのできる施設へ。下から風が吹き出し、スカイダイビングと同じ状況を作り出す装置を目の当たりにした伯山は「バカっぽい作りだなこれ」と、またもや暴言。武田は経験者として実際に体験してみせ、伯山に「やってみましょう!」と促すが、それでも渋る伯山に今度は「行けよ!」と強めに発破をかける。

ようやく覚悟を決めた伯山は「めちゃくちゃ怖い」と震えながら、人生初となるスカイダイビングにチャレンジ。下からの強風を受け、頬骨を浮かび上がらせながら宙を舞った伯山は「カレンさんもやらせましょう、マジで。ずーっと飛びながら、なんで俺だけこんな目にって。なんであいつ(滝沢)はスタジオで笑っているんだと思って」と恨み節を連発し、笑いを誘っていた。

伯山と武田の妙に息の合ったやり取りは、インターネット上でも話題に。SNSでは「伯山に影響されて最後には毒舌になる武田真治最高」「徐々に伯山さんの失礼さに慣れていき、武田さんの言葉が強くなる感じが心地よかった」「伯山と武田シンディの絡み、めっちゃオモロい!w」などの声が溢れていた。

PICK UP