綾野剛と星野源のW主演作『MIU404』が撮影再開!6月26日から放送スタート

綾野剛星野源がW主演を務める金曜ドラマ『MIU404』(TBS系、毎週金曜22:00~※初回15分拡大)のスタートが、6月26日(金)に決定した。

本作は、警察内部で“何でも屋”と揶揄されながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナル「機動捜査隊」(通称:機捜)の活躍を描く一話完結のノンストップエンターテインメント。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から撮影を休止し、放送延期となっていたが、放送日も決まり、いよいよ本格的に始動することとなった。

今回、警視庁刑事部・第4機動捜査隊の隊員役を演じる綾野と星野は、『コウノドリ』から2年半ぶりの共演。また、主演の2人の他、岡田健史橋本じゅん麻生久美子、さらに渡邊圭祐金井勇太生瀬勝久といった個性豊かな面々がドラマを盛り上げる。

警察の働き方改革の一環として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野)は、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に陥ってしまう。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野)を招集。しかし、伊吹に関する情報は、「とにかく足が速い」というだけで、後は不安になるものばかりだった。ついに迎えた“第4機捜”の任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、志摩は好印象を抱くが……。

脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』や『アンナチュラル』などを手掛けた野木亜紀子の完全オリジナル。24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す2人の活躍はもちろん、“第4機捜”で繰り広げられる爽快な会話劇も見どころの一つ。本作の新井順子プロデューサーは「感染対策を行いながら、撮影を再開いたしました。皆さんが笑顔になれる作品をお届けできるよう、スタッフ・キャストが一丸となって取り組んでいます。どうぞご期待ください!」とメッセージを伝えた。