中村倫也&小池栄子のキスシーンが美し過ぎる!?見合い相手殺害…マリアの思惑は?『美食探偵 明智五郎』第6話

中村倫也が主演を務める日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第6話が、5月17日に放送。また、1月中旬にクランクインした本ドラマだが、第6話の放送以降、5月24日(日)から3週に渡り、地上波未放送のオリジナルストーリーを含む“特別編”が放送されることが決定した。

原作は、数多くのヒット作を飛ばす東村アキコが手掛ける初のサスペンス漫画。容姿端麗だが、超超変わり者の美食家探偵・明智五郎(中村)が、類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら殺人鬼へと変貌する主婦・マグダラのマリア(小池栄子)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。

24日放送の特別編第1弾では、明智五郎が美食家になったきっかけとも言える少年時代の秘話や、最初の“マリア・ファミリー”となった林檎(志田未来)が“カップル毒殺事件”を引き起こしたもう一つの理由である悲しい生い立ちに迫るエピソードが登場。

なお、第7話の放送日については、放送ができる環境が整い次第、番組HP・SNSなどで告知予定となっている。

そして今回放送される第6話に関しては、一部のシーンが“通常とは異なる方法”で収録された。撮影中断時点で、第6話に関して、唯一未収録であったシーン。探偵事務所前の中庭テラスで、苺が明智に対して、思いをぶつけるというもの。従来の撮影方法をとると、二人は隣り合って演技することになり「密接」してしまうため、特殊な方法で撮影することとなった。

荻野哲弘プロデューサーは、「第5話で明智に『君のことも僕が守る』と言われて恋心に火が点いた苺が、明智に思いを吐露する大切なシーンを、コロナウイルスに対する感染対策を講じた上で撮影しましたが、中村さんも小芝さんも、背景や距離などものともしない迫真の演技で表現してくれています。いきなり黒バックの抽象的な世界に転調するので驚かれるかもしれませんが、是非とも、お二人の思いのこもった演技をご高覧賜りたくお願い申し上げます」とコメントを寄せた。

また、公式HPで公開されている予告映像では、明智の助手・苺(小芝風花)とマリアの対決が勃発!? さらに、囚われた明智がマリアと対面、燃え盛る炎の中でキスする様子が……! 

見合い相手殺人事件、苺の男装姿、マリアVS苺、明智&マリアの気になるやり取りと、波乱の展開が待ち受ける第6話。そして、命を狙われピンチの明智は、起死回生なるか!?

<第6話あらすじ>
実家の百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、弟と一緒にお見合いをすることになった明智(中村)。百貨店の役員・伊達(小市慢太郎)が選りすぐった見合い相手・社長令嬢の紗英(北原里英)に、変人の兄・明智かだらしない弟・六郎(草川拓弥)のどちらかを選んでもらうことに。明智と関わると危険な目に遭うことを心配する桃子(富田望生)の忠告をよそに明智への恋心が止められない苺(小芝)は、会場がフグ料理の名店だと知った途端に見合いを快諾する明智に複雑な思いを抱く。

その頃マリア(小池)は、明智の見合いに向け、ある殺人計画を企てていた……。そして見合い当日、姿を現さない六郎に代わり、急遽男装した苺が六郎のフリをする羽目に! ハラハラドキドキの見合いが進む一方、料亭には料理人に扮した伊藤(武田真治)と、仲居に化けたマリア、茜(志田)が潜入し、明智に料理を配膳していた。

そんな中、六郎本人が遅刻して登場。さらに明智ファンの高橋刑事(佐藤寛太)と上遠野警部(北村有起哉)まで乱入し、見合いは大パニックに! しかしその直後、突然明智の前で苦しみだした紗英が急死する。フグ毒の事故に見せかけた殺人事件としてマリアが絡んでいることを確信する明智。しかしその先には、事件の裏で交錯する意外な思惑と、マリアの歪んだ愛の大炎上が待ちうけていた!