マツコが『春のパン祭り』で食べまくり!“パヤパヤ”系のコッペパンは否定するも…『夜の巷を徘徊する』

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系、毎週木曜24:15~ ※一部地域を除く)が、5月7日に放送。今回はこれまで番組で多くのパンに出会ったマツコの模様をまとめた「春のパン祭り特集」が放送された。

代々木にあるパン店では焼きたてピザに出会ったマツコ。特別に店の中で食べさせてもらうと「もうピザ屋さん!」と絶賛。途中で買い物客が来た際には「ごめんなさい! はしたない」と謝罪した。お客さんが購入した食パンに触発され、自身も食パンを買うことに。ショップスタッフから、スモークサーモンとクリームチーズのトッピングがおすすめだとおすすめされるも「いきなりハードルが高い!」とツッコミ。最後は試してみると約束した。

有楽町では、通りがかったクッキング教室に参加。上級コースの生徒が作ったパンのラインアップに「お店に並んでいるみたい」と目を輝かせた。焼きたてのマカダミアナッツとマンゴーのパンを試食した際には「熱い!」としつつ、サックサクの食感に驚き。普段食べているものと明らかに違うため「パン屋さんの隣に住もうかな……。できたらブザー鳴らしてもらってさ」とこぼした。

続いては、千代田区にあるコッペパン専門店へ。チキン南蛮をペロリとたいらげた後、ロケ前に弁当を食べたことを明かし「あれいってなかったら(並んでいたパン9個を指さしつつ)全部いけた」と宣言。マツコは、おしゃれな“パヤパヤ”系のコッペパンは否定的だったものの、今回食べてみて評価が一変したという。あまりにもおいしさが勝ってしまうため、残りのパンを名残惜しそうに見つめる。ピーナッツクリームやあんマーガリン、たまごなどは自分が食べるものの、アボカド野菜パンのみは「みんなで分けて」と好き嫌いを押し出し、スタッフを笑わせた。

インターネット上では、マツコの食べっぷりはもちろん、自分のため、スタッフのためにと、パンを買いまくる姿に反響が。「今回、『パン祭り』じゃなくて『爆買い喰い祭り』なのでは?w」「『夜の巷』のマツコさんの爆買いはお店の方へとかスタッフさん達への愛情を感じる……」「マツコさんが食べてるとこ見るとお腹が空く」といった声があった。