山崎賢人&吉沢亮『キングダム』が地上波初放送!「疲れを吹っ飛ばすような熱さです」

山崎賢人が主演を務め、吉沢亮と共演した映画『キングダム』が、5月29日放送の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系、毎週金曜21:00~)にて本編ノーカットで地上波初放送される。

2019年に劇場公開され、興行収入57.3億円を記録するなど、その年の実写邦画No.1に輝いたエンターテインメント超大作が、早くも本編ノーカットで『金ロー』に登場する。原作は、原泰久による週刊ヤングジャンプで連載中の大ヒットコミックで、紀元前245年の中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を夢見る少年・信(しん)と、弟に玉座を奪われながらも中華統一を目指す若き王・嬴政(えいせい)の活躍を壮大なスケールで描いている。

主人公の少年・信を山崎が演じ、信と運命を共にする嬴政を吉沢が演じるほか、橋本環奈本郷奏多大沢たかお長澤まさみ高嶋政宏宇梶剛士ら、豪華キャストが大集結。日本映画界を代表する俳優陣の熱演も本作の大きな見どころの一つとなっている。

監督は、『GANTZ』『図書館戦争』『アイアムアヒーロー』を手掛けた佐藤信介が担当。撮影は、日本では実現しえない本物の画を求め、中国浙江省に位置する象山影視城で行われた。スタッフだけで約700人、兵士役のエキストラが述べ1万人も参加。圧巻の迫力で迫る戦闘シーンは必見の一言だ。

また、原作者の原も脚本に携わり、世界観を壊すことなく、映画ならではのセリフ回しやアレンジなどを追加。原作ファンも新たに楽しめる出来栄えとなっている。

今回の地上波初放送にあたって、山崎と吉沢からコメントも到着。以下に紹介する。

<山崎賢人 コメント>
映画『キングダム』がようやくテレビで皆さんにお届けできること、本当に嬉しく思います。どんな逆境の中でも力強く生きていく登場人物達に自分自身も鼓舞されながら、信という男を全力で、とにかく夢中で生きていました。全スタッフ、キャストがものすごい熱量で挑んだので、今のこんな世の中だからこそ見てほしい作品です。疲れを吹っ飛ばすような熱さをお届けします!

<吉沢亮 コメント>
地上波初! 本編ノーカット! 『キングダム』は僕にとって色々な景色を見せてくれたとても大切な作品です。たくさんの方にあの熱量が届くことを願っております。皆さん、テレビの前で一緒にアツくなりましょう! こんな時期こそ、エンターテインメント!