西野亮廣と梶原雄太、異なる道を歩む2人が“キングコングとしての夢”を告白!『直撃!シンソウ坂上』

4月30日(木)21時から放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)は、芸能人のビジネススタイルを変えたとも言われるお笑いコンビのキングコング西野亮廣梶原雄太)に独占密着する。

同番組は、世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、MCの坂上忍が追跡&直撃し、真相を突き止めていく“ジャーナリズムバラエティ”。今回は、坂上が行った西野と梶原へのインタビューや、彼らへの密着映像などを交えながら、2人の現在に迫っていく。

様々な発言で世間の注目を集め、時には炎上騒動に発展することもあった西野だが、現在は、絵本やビジネス本の出版、講演会の講師、有料オンラインサロンの運営などで大成功。その秘密を探るべく、坂上が西野の自宅を直撃して、インタビューを行う。

30歳の時に購入したという西野のマンションは、全面リフォーム済みで、アンティーク家具などが取りそろえられたハイセンスな空間だった。この場所で、西野は44万部の大ヒットを記録した絵本「えんとつ町のプペル」を執筆。インタビューで西野は、絵本を絵本として刊行するだけではなく、企画・構想段階から二次利用・三次利用のビジネスにつなげることを見越していたと打ち明ける。

西野はさらに「えんとつ町のプペル」の次なる計画も示唆。貯金を使い果たし、自身の会社を倒産させかけた計画とはいったい何なのか。他にも番組では、現在5万人以上の会員数を誇る西野のオンラインサロンや、テレビ界から離れた理由、そして絵本を書くように後押しした大物芸能人の存在まで、今の西野を形作るものを紐解いていく。

一方、西野の相方である梶原にも密着。現在190万人以上のチャンネル登録者を抱え、“カジサック”として活躍している梶原に、坂上がYouTubeチャンネル運営の実情をインタビューする。

自身のチャンネルに出演するゲストのキャスティングも自らが行っているという梶原は、最近世間を騒がせたある芸能人のYouTubeデビューにアドバイスしていたことを初告白。果たして、その芸能人とは誰のことなのか。さらに、「YouTubeを始めてから1日も休みがない」と語りながらも、「今が一番楽しい」と笑顔を見せる梶原の本心を探っていく。

絵本作家としての活動を中心に様々なビジネスを手掛ける西野と、YouTuberとして活躍する梶原。全く異なる道を歩んでいるように見える2人だが、実はデビュー以来、20年に渡ってずっと漫才の舞台には立ち続けているという。

坂上がそれぞれに「キングコングとしての夢は?」と質問すると、2人から返ってきたのは意外な答えだった。キングコングは何を目指し、どこへ向かっているのか。その全ては放送で明らかになる。

PICK UP