出川哲朗・IKKO・みやぞんがテレビ電話でMC!ゲストのゆきぽよ「“時短”でチョー楽」と太鼓判『割り込んでいいですか?』

4月25日(土)11時30分からテレビ東京にて『出川・IKKO・みやぞんの割り込んでいいですか?』が放送される。

新型コロナウイルスの影響で、準備していた特番の収録が出来なくなってしまった同局が、「番組用の車も買ったのに……憎い……でも、出演者は面白い人たちだし、もう“全員在宅のバラエティ”作っちゃおうかな……」と、逆境を逆手に、わずか数日で企画を変更して別の番組を制作。

決まっているのは、出川哲朗IKKOみやぞんANZEN漫才)の3名が番組MCいうことと、彼らがテレビ電話で繋がっているということだけ。あとは、そこに「割り込んでいいですか?」と、ゲストが次々と会話に割り込んできて、MC3名に対して「家でこんな遊びや、楽しみ方をすればいいんじゃない?」と提案をしたり、相談・クレーム・懺悔・特技などをガンガンぶつけていくという前代未聞の企画だ。出演者もスタッフも初体験(史上初?)の“全員遠隔放送”で行われる、今の時期にしか作れない、「作らない在宅バラエティ」の行く末に注目が集まる。

矢部宏光プロデューサーによると、そもそもは、MCの3人で『即日配送 おじさん便』というゴールデン特番を放送する予定で、2月初頭から色々な場所で数百人に街頭インタビューをしたり、ロケの時に使う車も購入し、塗装し直したりして準備万端だったという。ところが、ロケの数日前に外出自粛要請となりロケを断念、放送も延期に……。しかし、3人のスケジュールは空いているし、面白そうな面子なので、“在宅バラエティ”と銘打って、各々の家や仕事場からテレビ電話を繋いで番組を作ってみようと企画を変更。「『家から中継』みたいな映像は最近よく見るが、この番組はそれ自体を番組にしてみる事にした」と明かす。

今回割り込んできたゲストは、ゆきぽよギャル曽根よゐこ濱口優りんごちゃん。さらには、元々放送予定だった特番に、車の運転手として出演を予定していた、ロンドンブーツ1号2号田村亮も割り込んできて大盛り上がりとなる。

オンエアを前に、出演陣からコメントが到着。以下に紹介する。

IKKO:テレビ電話的な事は初めてで最初は不安だったけど、思ったより素が出せて楽しかったわ。回線トラブルもリアルで面白いわよね(笑)。

みやぞん:これがテレビになるのが凄いなって。やっている最中は、いつ本番なのかが分からなかったけど、この“ずれ”もまたいいなって思いました。

ゆきぽよ:タブレットだけで番組出来ちゃうんですね。あと、出川さん、IKKOさん、みやぞんさんって、テレワークなのに、被りとか全く気にせず喋るんですね。でも不思議とコミュニケーションが取れたし、“時短”でチョー楽なんでまた呼んでください(笑)。

ギャル曽根:テレビの収録をしてる感覚がなくて、初めての体験でした。自分でボタンを押して中継を繋いだことが無かったので、とても緊張しました(笑)。

りんごちゃん:出川さんが一生懸命まとめようとしてるのに、普通に喋っちゃうIKKOさんやみやぞんさんがすごいなって(笑)。その雰囲気がすごいライブ感があって楽しかったし、出川さんもIKKOさんもノリノリでモノマネをやってくれて嬉しかったです。

濱口優:面白かったのかすごく不安だったんですけど、出川さんに「十分撮れてるよ!」って言われた時は、撮れ高を気にする人なんだなって、改めて思いましたね(笑)。

田村亮:スタッフさんも初めてですごく慌ててて、バタついたりしたけど、新人の頃に戻った感じでワクワクしながらできました。僕は機械が苦手なので、こういうこと自体に苦手意識があったけど、やってみるとめちゃくちゃ楽しいですね! みんな完全に家にいる感じで、気を抜いていたのが良かったなと。みんながこんなにリラックスしたのも、この形式だったからなんでしょうね。

PICK UP