水野美紀演じる鬼講師、アユにスパルタ特訓!『M 愛すべき人がいて』第2話

安斉かれん三浦翔平が主演を務める『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)の第2話が、4月25日に放送される。

原作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描いた小松成美の「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎刊)。脚本を手掛けるのは鈴木おさむ。『奪い愛、冬』『奪い愛、夏』で、壮絶なバトルや強烈なセリフ、ジェットコースター級のスピーディーな展開で話題を呼んだ鈴木が、本作でもその手腕を余すことなく発揮する。なお本作は、テレビ朝日と「ABEMA」との共同制作となっており、原作小説にドラマオリジナルの要素を加え、壮大なスケールで90年代の音楽業界を描いていく。

<第2話あらすじ>
レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、プロデューサー・マサ(三浦)が、中谷プロに所属しているアユ(安斉)と会い続けていることを、ここぞとばかりに問題視していた。大浜は、六本木のディスコ・ベルファインのVIPルームで中谷(高橋克典)と会い、アユを引き抜こうとするかのようなマサの振る舞いを謝罪する。するとそこへマサが現れ、中谷に「アユを譲ってください」と許しを請う。アユというダイヤの原石を自分の手で磨くため、土下座までするマサに心を動かされた中谷はついに移籍を認める。

マサは、晴れてA VICTORYから歌手デビューを目指すことになったアユに、3か月間ニューヨークでレッスンを受けてくるよう指示を出す。急な展開に驚きつつもニューヨークに渡ったアユを待ち受けていたのは、鬼のように厳しい講師・天馬まゆみ(水野美紀)だった。次から次へとハードなレッスンを進める天馬……。まったくついていけないアユは、自分の実力を目の当たりにして落ち込む。

その頃日本では、マサが部下の流川翔(白濱亜嵐)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。張り切ってメンバー探しを始めた流川は、以前から気に入っていたアユの友人・玉木理沙(久保田紗友)に声を掛ける。一方、マサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、マサがアユに肩入れし過ぎることに不満を感じていて…。

そして3か月後――。ついに帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加することになる。しかし、マサに特別扱いされているアユへの風当たりは強く……。