出会いは最悪!?安斉かれん演じるアユ、三浦翔平に反抗的な態度を取ってしまい…『M 愛すべき人がいて』第1話

安斉かれん三浦翔平が主演を務める『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)が、4月18日からスタートする。

原作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描いた小松成美の「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎刊)。脚本を手掛けるのは鈴木おさむ。『奪い愛、冬』『奪い愛、夏』で、壮絶なバトルや強烈なセリフ、ジェットコースター級のスピーディーな展開で話題を呼んだ鈴木が、本作でもその手腕を余すことなく発揮する。なお本作は、テレビ朝日と「ABEMA」との共同制作となっており、原作小説にドラマオリジナルの要素を加え、壮大なスケールで90年代の音楽業界を描いていく。

福岡から上京し、細々と芸能活動をつづけるアユ(安斉)。六本木のディスコでスターの原石を探し続けるカリスマプロデューサー・マサ(三浦)。友人の理沙とディスコに通い詰めるアユは、ついにマサと出会う。スターを目指すアユと、アユに可能性を感じたマサ……、音楽界の頂点を目指す二人の物語が動き出す――。

<第1話あらすじ>
1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉)。東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。

そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。

一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛ける。

その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。

翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が……。

PICK UP