元おニャン子クラブ・内海和子、娘が無断で整形したことに大激怒!「隣に座りたくない」

おニャン子クラブ内海和子の娘で、地下アイドルのゆりあんぬが、4月11日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「母に内緒でこっそり整形しまくっていること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム友近博多大吉

この日は、地下アイドルグループ・平成墓嵐のメンバーとして活躍中のゆりあんぬがスタジオに登場し、整形しまくっていることを告白した。ゆりあんぬは、デビュー曲「セーラー服を脱がさないで」のフロントメンバーで、歌唱力と透き通った魅力で人気を集めた、元おニャン子クラブ・内海の娘であり、実は生粋のお嬢様。

幼稚園から某お嬢様大学の付属校に通うなど、大切に育てられてきたゆりあんぬだが、「しっかりした大人になってほしい」という母の願いとは裏腹に、母には内緒で2017年7月に3万円をかけて一重を二重に整形。さらに翌月の8月には、3万3000円かけて涙袋にヒアルロン酸を入れる整形を施したという。極めつけは、2020年3月に総額62万5000円で、二重の切開と、涙袋のヒアルロン酸を足し、目元をグレードアップ。今度は100万円をかけて豊胸手術をする予定だという。

ゆりあんぬは、「理想のスタイルを手に入れたい」と自身のこだわりを吐露。さらに、整形を重ねる内に「楽しくなってきた」ことを打ち明けた。そんなゆりあんぬにサプライズで、内海がスタジオに登場。内海は「隣に座りたくないです」と娘との共演を嫌がり、さらに親の立場から整形は認められないと憤慨した。

ゆりあんぬは、一重だったことにコンプレックスがあったそうで、最初は3万円という安さもあり、思い切って整形を実行。母には、小籠包を食べながらLINEで「整形したよ~」と、軽い感じで事後報告したそうで、内海は「口の中でやけどしちまえって感じですよね」と語気を強め、笑いを誘っていた。

今後は豊胸や小顔になるためのフェイスリフトをしたいというゆりあんぬだが、これまでの整形代はすべてローンだそうで、「バイトしているんですけど、月収3万円くらいしか稼いでない」と稼ぎの少なさをアピール。有吉は「もうちょっとキャバクラで働いたりとか……」と提案し、母である内海に「なんてこと言うの!」と叱られていた。

そんなゆりあんぬへの禊は「宇宙一辛いラーメン完食」に決定。激辛料理が大好きで、将来は激辛料理のグルメリポーターもやってみたいというゆりあんぬが、番組ではお馴染みとなった東京・初台の「やぐら亭」が提供する宇宙一辛い味噌らーめん「ほたる」に挑戦した。

一口目で「ん?」と違和感を覚えたゆりあんぬは、「これはレベルが違う! 辛すぎる」と咳込みギブアップ。代わりに内海がチャレンジするも、「何これ?」とすぐに降参し、有吉に「親子揃って弱いじゃねぇかよ!」とツッコまれていた。

番組ではこの他、先日の放送で「現役引退後に始めたツイッターが自由奔放すぎて周囲を混乱させていること」を反省した長州力が登場。禊である「ゆりやんレトリィバァと一緒に滑舌の特訓」を実行した。

PICK UP