春高バレー初戦・椿原学園高校の“意外な秘密兵器”とは?『ハイキュー!! TO THE TOP』第11話

スーパーアニメイズム枠にて、『ハイキュー!! TO THE TOP』(MBS/TBS系、毎週金曜25:25~)の第11話が、3月20日に放送される。

同アニメは、古舘春一の「ハイキュー!!」(「週刊少年ジャンプ」で連載中)が原作となっており、監督を佐藤雅子、副監督を石川真理子、シリーズ構成を岸本卓、キャラクターデザインを岸田隆宏が務めている。

春の高校バレー宮城県予選では、激闘を制し悲願の全国大会出場を決めた烏野高校排球部。全国大会を控えた彼らのもとに、全日本ユース強化合宿や宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかるメンバーがいる中で、日向翔陽(声・村瀬歩)は同じ1年生との差に焦り……。全国大会本番に向け、日向、影山飛雄(声・石川界人)、そして烏野高校排球部のさらなる挑戦が始まる――!!

<第11話「繋がれるチャンス」あらすじ>
春の高校バレー全国大会、初戦の相手は椿原学園高校。慣れない会場に適応した影山(声・石川)は、日向(声・村瀬)との速攻を決め会場を沸かせる。試合をリードしつつある烏野に、椿原は意外な「秘密兵器」を投入する。

PICK UP