伊藤英明とムロツヨシの関係性に変化が!?『病室で念仏を唱えないでください』第9話

伊藤英明が主演を務めるドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第9話が、3月13日に放送される。

本作は、「ビッグコミック増刊号」(小学館)で現在も連載中の、こやす珠世による同名コミックが原作。僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う、1話完結形式の医療ヒューマンドラマだ。伊藤のほか中谷美紀ムロツヨシ松本穂香片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)、余貴美子らが出演している。

<第9話あらすじ>
心臓外科学会の理事長・大貫(きたろう)の3歳の孫・川崎美咲(中野翠咲)のオペを濱田(ムロ)が担当し、一旦は手術成功かと思われたが容態が急変した。直ぐに松本が対応し、濱田も駆けつけ緊急オペが行われた。

一方、松本が父のように慕う、憲次(泉谷しげる)のがん治療が始まった。ステージ4の肺線がんである憲次の治療は厳しいが、憲次は松本の懇願により治験薬での治療を決意していた。投薬を開始し、経過は順調に思われたが……。

その頃、濱田はオペの失敗が発覚し、投資家リチャード・ポー(近藤公園)から融資を断られていた。しかし、小児用ハートセンター設立をあきらめきれず、もう一度だけチャンスを与えて欲しいと、難しい手術の公開オペを提案する。ところが、公開オペが始まってすぐに濱田に異変が。それをモニターでいち早く感じた松本は、手術室に飛び込んで行く。

ある日、礼拝堂にいた松本の前に濱田が現れ、オペの失敗がトラウマになっていると訴える。見兼ねた松本は濱田を公園に連れ出すも、今までの尖っていた濱田とは思えない意気消沈した様子に。

そんな時、近くで悲鳴が。松本と濱田が駆け付けると、若い男が胸を押さえ倒れていた。すぐにあおば台病院の救命救急センターに運ばれ、緊急手術が行われる。松本は、濱田が執刀するべきと押し出し、自分が全力でサポートすることを誓う。