竹財輝之助、浮気を繰り返す売れっ子カメラマン役で『女ともだち』出演!「大変な仕事になりそう」

袴田吉彦竹財輝之助が、4月11日スタートの原沙知絵が主演を務める真夜中ドラマ『女ともだち』(BSテレ東、毎週土曜24:00~)に出演することがわかった。袴田は、原演じる主人公セツの不倫相手となる平井保を、竹財は磯山さやか演じるちさとの夫で浮気を繰り返す売れっ子カメラマンの小野沢ミツルを演じる。

原作は、1983年に連載された柴門ふみの同名コミック。原作で描かれたのは、恋愛、結婚、不倫などに直面し、揺れ動く女性の心理や葛藤で、主人公のモノローグを多用した“告白的恋愛白書”は、当時多くの女性たちの支持を集めた。今回のドラマ化では、時代設定を令和にアレンジ。現代を舞台に、恋愛における普遍的な女心を描き出す。

親友でもあるちさとの働くダイニングバーを訪れたセツは、ちさとに様々な悩みを打ち明ける。シューズデザイナーとしてイタリアの工房から出向の打診を受けていること、恋人でもあり不倫相手でもある大学の同級生・平井の妻に自分たちの関係がバレてしまったこと、それなのに自分とは別れないという平井のこと。自分の完璧さが原因で最初の結婚に失敗したセツは、ちゃらんぽらんな平井との関係に安らぎを見出していた。

そんなセツの話を親身になって聞くちさと。一方で、彼女自身は夫・ミツルの不倫に悩まされていた。売れっ子カメラマンのミツルは昔から浮気癖があったものの、今度の浮気は本気だと女の勘が囁いている。自分がいない間に家庭を乗っ取られるかもしれない……。ちさととセツは悩みながらも、それぞれの道を突き進んでいく。

なお主題歌は、ドラマストアの「東京無理心中」に決定した。今回出演が決定した袴田と竹財のコメントを以下に、紹介する。

<袴田吉彦 コメント>
BSテレ東が開局20周年という節目のタイミングで柴門ふみさんの名作のオファーを頂き、関わらせて頂ける事は純粋に嬉しかったです。この作品は、女性の力強い部分だったり、反対にか弱い部分が交わりながらありのままの女性が描かれていて、平井保は既婚者にも関わらずセツと恋人関係になってしまう役柄です。勿論不倫はいけない事なのですが平井保はどこか憎めないキャラクターという印象ですね。同じ悩みや同じ環境にいる人がいると思いますので、女性だけなく、男性にも何かを感じられる作品になればいいなと思います。

<竹財輝之助 コメント>
脚本を読ませていただいて、真っ先に浮かんだのは「いたたまれない」でした。すでに逃げたくなっておりますが(笑)、小野沢ミツルという淋しい人間をちゃんと生きて、苦しんで、悩んで、みなさんに嫌われたいなと思っています。これは大変な仕事になりそうだ……。いろいろな「痛み」を感じる作品になると思います。ひょっとしたら大人の女性にはあるあるなのかもしれません。一歩引いて見るのもよし。没入して疑似体験していただくのもよし。楽しんでとは言えませんが、ぜひ御覧くださいませ!

PICK UP