相田翔子「耳が聞こえない!」芸能界引退の危機を救った名医が登場『私のベストドクター』

相田翔子が、3月13日(金)18時55分から放送される『芸能人を救った名医たち 私のベストドクター』(テレビ東京系)にて、耳が聞こえなくなり芸能界引退の危機があったことをテレビ初告白する。

同番組は、命と向き合うスーパードクターの最新手術に密着するほか、患者の心情や家族の思いを受け止め、病と闘う名医たちを紹介する情報バラエティ。今回は、湘南鎌倉人工関節センター長の平川和男医師と、千葉西総合病院の病院長兼心臓病センター長・三角和雄医師に密着取材。

また、メニエール病を患った相田をはじめ、伍代夏子(C型肝炎)や肥後克広(腰痛)ら芸能人の病気と向き合った“ベストドクター”も登場し、当時の状況を振り返りながらエピソードを紹介していく。

放送を前に相田、伍代、肥後からコメントが到着。以下に紹介する。

――病気を告げられた時の気持ちは?
相田:辛くとても苦しかったのでちゃんと病名のある病気だと分かってホッとした気持ちでした。今後治療して治していければ良いと思いました。

伍代:病気の名前を言われたときに、「えっ、何それ?」「Ⅽ型肝炎って何?」「何で?」「私がそんな病気になるわけない!」と思いました。すぐには信じられなかったです。

肥後:(銅冶英雄先生ではない先生に)当時、「手術しましょう」と言われた時は、いやー、ビックリしましたね。でも「痛みがなくなるんならいいか」と思いましたが、当時の先輩芸人が「俺は手術したけど、痛みが消えた訳じゃないよ」と言われ、手術はやめました。

――私にとってベストドクターとは?

相田:親身になって症状や治療法を考えて頂き、様子をみて一番良い処方をその都度変えて下さいます。内耳の病気は心と繋がっていると思うので 親身になって下さる先生の存在がすごく重要で心強く安心感があります。

伍代:病気をただ治すだけでなく、患者さんの立場、環境を分かってくれて、そういうことも一緒に考えてくれて、一緒に戦ってくれる先生ですね。

肥後:穏やかな人柄で、納得できる説明、そして患者の身になって考えてくれる先生ですね。

PICK UP