濱田龍臣、愛情表現はストレート!?「好きな人がいたら…」亡き祖父とセッション実現『天国からのラブソング』で主演

福岡放送開局50周年スぺシャルドラマ『天国からのラブソング』(FBS:3月15日(日)15:00~※福岡・佐賀/BS日テレ:3月20日19:00~)で主演を務める濱田龍臣さん。

本作は、視聴者からの超個人的な調査依頼を番組独自に解決する『ナンデモ特命係 発見らくちゃく!』(FBS:毎週月曜24:54~/KRY山口放送:毎週月曜25:24~/NIB長崎国際テレビ:毎週水曜24:59~)が発掘した実話「天国からのラブソング」をもとにスペシャルドラマ化したもの。ごく普通の男子高校生・光井天星(てんせい=濱田)と他界した祖父・浩(こう=イッセー尾形)が、様々な人との関わりを経てギターとトランペットで“セッション”を実現させる物語だ。墓参りで楽器を演奏したり、修学旅行にまでついてきて写真を撮ったりと、奇想天外な行動で周囲の人を驚かせる浩。はじめはそんな祖父を恥ずかしいと思っていたが、彼の“真の姿”に近づくにつれ、天星の気持ちに変化が……。

今回、『発見らくちゃく!』のディレクターである藤谷拓稔さんがドラマの演出を手掛け、ロケはすべて福岡で行われた。そんな中、実在の人物を演じるにあたり、どんなことを感じながら役作りしたのか、また福岡ロケの思い出などを濱田さんに伺った。

――主演が決まったときのお気持ちは?

実際にあった話をもとにドラマ化するということで、はじめは「大丈夫かな?」と緊張していましたが、実際にその話を知る藤谷監督や『発見らくちゃく!』のスタッフさんたちと一緒に作る作品なので、「これは頑張らないとな」と改めて気合いが入りました。福岡に行ってからは、天星君ご本人とも何回かお会いしました。笑顔がすごく素敵な方で、お話する中で、心が優しくて温かい、そして憂いもあるような人柄であることがわかりました。演じるにあたって彼のことを知ることはとても重要なことだったので、お会いできて本当に嬉しかったです。

――天星君とはどのようなお話をされたんですか?

「どんな音楽を聴くんですか?」「(セッション)本番までギターの練習はどれくらいされたんですか?」など、僕がインタビュアーになった気分で色々と伺いました。天星君の中学時代の作文なんかも拝見しました。

――元になった『発見らくちゃく!』の「天国からのラブソング」の回はご覧になりましたか?

おじいちゃんとのセッションのシーンを見ました! 実際の会場と同じ場所でロケをしたので、「ここか~!」と感慨深い気持ちでした。『発見らくちゃく!』と同じようにオーケストラの方も出演していただいたので、すごく緊張しましたね。「今すぐ、ホテルに帰りたい」と逃げ出したいくらい緊張しながら現場に入ったのを覚えています(笑)。

――実際にギターを弾くシーンもありますが、練習はどれくらいされましたか?

半年くらい練習して、撮影が始まるときには、そこそこ弾けるくらいにはなっていました。弦が硬いのでずっと押さえていると指先が本当に痛くて……。でも、だんだん指が硬くなってきて、「ギターやってる人の指になってきたなぁ」と嬉しくもありました。

――福岡ではどのように過ごされましたか? 印象的な場所や食事などは?

撮影が早く終わった日など、ラーメンを食べに「博多だるま」には3、4回は行きました(笑)。もつ鍋も食べましたし、おいしいものをたくさん食べられたので、幸せなロケでしたね。

――屋台でラーメンを食べるシーンもありましたが、これまで屋台で食べたことは?

屋台は、初体験でした。すごくおいしかったです! テスト・本番どちらも食べたんですが、僕と矢本(悠馬)さんは替え玉する位たっぷり(笑)。白いスープだったんですが、2人とも紅生姜をたくさん入れたので、ピンク色になっちゃって(笑)。めちゃくちゃおいしかったです!

――博多弁はいかがでしたか?

“何?”という意味の「なん?」に苦労しました。気軽に使う言葉だからこそ難しくて、毎回方言指導の先生に直されていました。

――天星は、『発見らくちゃく!』に関わることになって、どんどん変化・成長していきます。その変化については、演じながらどう感じていましたか?

天星は、はじめは、人の片方の面しか見れていなかったんです。例えば、自身のお葬式で、生前に自分の声で吹き込んでいたお経のテープを流して、みんなが思わず笑ってしまう……といった奇想天外なことをするおじいちゃんのことを、「みんなバカにしてるんだろうな。恥ずかしいな」と表面的なところで判断して、ひねくれていて……。

でも、お葬式でなぜか全く泣かないおばあちゃんのことが気になって、その疑問を入り口に『発見らくちゃく!』を通して色々な人と関わり始め、自分の中でねじれていた部分が段々と元に戻っていくというか……。このドラマは、「自分のフィルターでしか周りの人を見ていなかった天星が、“他の人から見たら、違う見え方・見方があるんだ”ということを見つけられる物語」だと思うんです。「おじいちゃんは、笑われていたんじゃなくて、笑わせていたんだ」と気づけたのは、天星の小さな勇気が、大きな一歩に繋がったから。そんな天星の成長に注目していただきたいです。

――浩のように、明るくてどこにいっても人気者になるような存在についてはどう思いますか?

どこでも人気者になれるのは素晴らしい才能だと思いますが、一方で「無理してないかな?」と心配にもなってしまいます。僕自身はプライベートでは、引きこもりなところがあって“ゲームがお友達”なので(笑)、ずっと明るくいられることは、とても尊敬します。

――浩役のイッセー尾形さんの印象は?

イッセーさんは、すごく優しくて器の大きい、素敵な方でした。お墓でトランペットを吹くシーンはかっこよかったですし、歌いながら料理するところなんかは、かわいらしくて。気さくで優しいところはイッセーさんとおじいちゃんで共通しているのかなと思いました。

――浩は、妻・康子のことが大好きで、ストレートに愛情表現するのが印象的です。仮に濱田さんにそういう存在がいたとしたら、同じように表現できるタイプですか?

好きな人がいたら、「好き!」とストレートに言うほうだと思います、たぶん……(笑)。

――「天国からのラブソング」はとても感動的なお話ですが、濱田さんご自身に感動エピソードがあれば教えてください。

一番感動して泣いたのは『ウルトラマンジード』のクランクアップのときです。「カット! OK!」の声が聞こえたときにはすでに泣いていて、自分でもびっくりするくらい。17歳のときだったんですが、半年間ずっと撮影をしていたので、周りの目もはばからずに大号泣でした。

――今年20歳の誕生日を迎えますが、20歳からの俳優人生をどのようなものにしたいですか?

ここ2、3年、高校生の役をやらせていただくことが増えてきたんです。というのも、20代半ばの役者の先輩たちで高校生の役をしておられる方が多いので、ついにその仲間入りができるんだとワクワクしています。もちろんそれだけではなくて、役の幅を広げられる転機でもあるので、もっともっと努力をして、自分自身の出せる色を増やしていけるように頑張りたいと思っています。