マツコ、“連続カレー3兄弟”おすすめ「しゃばしゃばカレー」を食べまくる!

マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。2月25日の放送では、「しゃばしゃばカレーの世界」と「モンブランの世界」に迫る。

「カレー好き」は多いが、今回「しゃばしゃばカレーの世界」を語る3人は、合わせて23年8か月、毎日カレーを食べ続けている自称“連続カレー3兄弟”の南場四呂右さん、福岡裕介さん、竹中直己さん。

南場さんは4609日で13年目、福岡さんは2582日で8年目、竹中さんは1467日で5年目と毎日カレーを食べ続ける記録を更新中だという。好みのタイプこそ、それぞれ若干好みの違いはあるが、カレーは食べれば食べるほど奥深く飽きることが無いと意気揚々だ。

今回は、3人が共通して一番クセなるという「しゃばしゃばカレー」の名店を選りすぐり、その特徴と共に紹介。ライスにカレーがじんわりと染み込んで織りなす旨さでマツコの食欲も止まらなくなる。

またスタジオには、都内の名店を渡り歩いてきたという南インドカレーのスーパーシェフも登場。スパイスを贅沢に使った本場のチキンカレーに、マツコも驚きを隠せず……。

一方、「モンブランの世界」には、年間500種類以上のモンブランを食べ歩く女性・里井真由美さんが出演。里井さんは、栗好きの母の影響で「栗」ばかりを食べて育ったという。高校時代にスカウトされ、読者モデルに。その後、東京の大手芸能プロダクションに入り芸能活動をスタートさせたが、売れない日々を送る。そんな時、心の支えになったのが栗スイーツのモンブランだったという。

スポンジの上に栗クリームをのせた伝統的なモンブランも人気だが、実は今、中身にこだわった進化系モンブランがお目見え。そんな進化系モンブランの中には「シェフのエロスがつまっている」という里井さん。

今回は、里井さんが楽しみにしている断面美に注目しながら、マツコがモンブランを食べ尽くす。更に、今大注目だという、一年を通してより楽しむための「衣替えモンブラン」も紹介する。

PICK UP