真木よう子、直木賞作品主演に「苦しいとは思っていたけれど挑戦したかった」『ファーストラヴ』

女優の真木よう子が、2月22日(土)21時から放送されるBSプレミアムドラマ『ファーストラヴ』の試写会に上白石萌歌と共に出席。本作に出演したいと思った理由を語った。

本作は、第159回直木賞を受賞した島本理生の同名小説が原作で、真木を主演に迎えドラマ化。出版社から「女子大生の父親刺殺事件」のルポ執筆を頼まれた公認心理師の由紀(真木)が、容疑者・環菜(上白石)の“愛”と“殺意”に迫るヒューマンミステリー。

心理師として患者に寄り添う由紀だが、自身も過去にトラウマを抱え、それを乗り越えようと懸命に向き合っているという役柄。真木は「とても苦しいシーンはたくさんあるだろうなと分かっていたのですが、なぜ惹かれるのか過去の自分に聞いてみました。やはり女性なら共感できる作品だと思ったので、ぜひ挑戦したいと思いました」とオファーを受けた理由を述べる。

「共感」の部分に話が及ぶと真木は「子供のころ自分にとって親は必ずしもパーフェクトな存在ではなかった。母親との確執も少なからずありました。そうした思いがこの作品で出せるのかなと思ったんです」と説明する。

一方、父親殺害の容疑者を演じる上白石は、「お話をいただき原作を読ませていただいたのですが、ページをめくるたびに、やるせない気持ちになり涙が止まらなかった」と印象を述べると「撮影のあいだは、環菜という子を救いたいという一心でした」と強く感情移入したことを明かす。また上白石は「役を作るうえで、自分の目で見たり体験したりしたことを大切にしているので、撮影前に裁判を傍聴し、肉眼で手錠をかけられる人を見るなどして、その空気感を肌で感じるように心がけました」と役へのアプローチ方法を語っていた。

殺人の容疑者とルポライターという関係性で対峙した真木と上白石。真木は「環菜は心に傷を負った難しい役なので、自分にカメラが向いていないときでも、全力で対峙しようと思っていた」と語ると「でも上白石さんは完全に役に入っていて、すごく安定したお芝居をしていました。こちらが本当の気持ちでぶつかるときちんと返してくれる」と評価。上白石も「お芝居をしているとき、真木さんの目に助けられました。真木さんじゃなければ出せない感情がたくさんありました」と感謝を述べていた。