青木崇高が大号泣!全国優勝30回以上のチアリーディング部を率いる女性監督に密着『セブンルール』

2月4日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、大阪・豊中市にある箕面自由学園高等学校チアリーディング部「GOLDENBEARS」の監督を務める野田一江(55歳)に密着する。

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高本谷有希子YOU若林正恭オードリー)。ナレーションは、小野賢章が務める。

「GOLDENBEARS」は、1991年の創部以来、日本選手権での9連覇を始め、全国優勝を果たすこと実に30回以上、高校チアリーディング界で圧倒的な力を見せるチームだ。野田はチアリーディング部の創部から指導を続け、今に至る常勝チームを作り上げてきた。驚くべきことに、彼女は“チア経験ゼロ”から全くの独学で、チームを率いてきた。部員からは「日本一になる為に熱くて。でもめっちゃ優しい」「前向きな言葉にすごく助けられる。お母さんのような存在」などと絶大な信頼を寄せられている。

大阪で生まれた野田は、大学の音楽学科を卒業後、クラリネット奏者として活動をしていた。音楽の非常勤講師として箕面自由学園へ入ったのは25歳の時。その直後「アメフト部を応援するため」にチアリーディング部が創部されることになり、野田に声がかかったという。「発声ぐらい教えられるやろ、と言われて(笑)」。 “チア経験ゼロ”の彼女が、見よう見まねで本場・アメリカのチアリーディングの映像を見て学んでいた時……。「感動して泣いたのが人生で初めてだった」。そこから本格的に研究を重ね、創部6年目で初めて全国制覇を果たし、そこから常勝チームへの階段を登り始めた。

“経験ゼロ”が故の個性的な指導でチームを日本一に導き続けてきた、野田の7つのルールとは? そして、迎えた全国大会、果たして結果は? 

部員たちと真正面から向き合い、最後の全国大会に臨む野田とチアリーディング部の様子を見た青木は、大号泣の末、一言。「最高やな」。また、男子校に通っていた為、女の子に対する免疫がなかったという若林が、アメフト部の夏合宿の際に遭遇した、他校のチアリーディング部の女の子たちとの甘酸っぱい思い出を語る。

PICK UP