前田敦子、出産後初のドラマ主演で新米ママの魔法使いに!「他人事だとは思えない」

前田敦子が出産後初のドラマ主演務めるよるドラ『伝説のお母さん』(全8回、NHK総合、毎週土曜23:30~)が、2月1日よりスタートする。

物語の舞台は、誰もが夢中になったあのロールプレイングゲーム(RPG)を彷彿とさせる世界。そこに生きる“伝説の魔法使い”メイは、8か月の赤ちゃんを育てる新米ママで、家事に育児に冒険に奮闘。待機児童にワンオペ育児、“無理ゲー”な問題山積みの子育てを“ファンタジーなのにリアル”に描くRPG子育てストーリーだ。前田のほかに、玉置玲央井之脇海MEGUMI片山友希前原瑞樹村上新悟大東駿介大倉孝二大地真央らが出演する。

伝説の魔法使い・メイ(前田)のもとに国王(大倉)が士官・カトウ(井之脇)をつかわす。復活した魔王に国境の町が攻め落とされ急速に領土が侵されつつあるらしく、再び討伐の旅へ出てほしいというのだ。

しかし今のメイは8か月の子を抱え、ワンオペ育児に奮闘する母親。夫のモブ(玉置)は頼りなく、保育所にも空きはない。悩んだメイは思い切ってモブに子を託し、伝説のパーティ再結成の祝賀会に参加する。再会の喜びに沸くメンバーたちだったが、それぞれ悩みを抱えていて、魔王討伐は明らかに前途多難だった…。

主演の前田は「魔法が使える役は初めてです(笑)。こんな非現実的な設定の中で、今、現実に起きている社会問題を扱っていて、小さなお子さんがいるお母さん達の代弁をしつつ、前向きにコミカルに描かれているのが素敵だなと思いました。幸せな毎日の中に、育児とお仕事の両立は大変だということを体感してるので、メイの奮闘ぶりは他人事だとは思えません。今だからこそ挑戦したいです。皆さんにも是非楽しみにしていただければ嬉しいです!」とコメントを寄せている。