鬼束ちひろ、う余曲折のアーティスト人生を歩んだ今だからこそ語れる“思い”を赤裸々告白『SONGS』

デビュー20周年を迎えるシンガーソングライターの鬼束ちひろが、2月1日放送の『SONGS』(NHK総合、毎週土曜23:00~)に初登場。鬼束本人が考えた「キーワード」でう余曲折のアーティスト人生を、そして、歌にかける思いを語りつくす。さらに節目の年に書き下ろした一曲「書きかけの手紙」をテレビ初披露する。

2000年2月にデビューした鬼束は、2作目の「月光」が異例のロングヒット。さらにファーストアルバムはミリオンセールスを記録するなど、瞬く間にトップアーティストの階段を駆け上った。

印象的な歌詞とメロディー、そして説得力をもつ歌声で多くの人々の心をつかんでいく一方で、過密なスケジュールの中、不安やあつれきによって、心や体調を崩し、ほどなく休養状態に……。以降、う余曲折のアーティスト人生を歩んできた。

今回の番組では、そんな鬼束の本音に迫るべく、鬼束本人から提示された「ねこ」「ピアノ」「ファッション」「あきらめない」といった“自らを表すキーワード”をもとに、インタビューを敢行。20年の歳月を経た今だからこそ語ることができる、アーティストとしての矜持や歌にかける思いを赤裸々に明かす。

さらに、20周年の節目の年に自ら「実話」と語るエピソードを盛り込んで書き下ろした一曲「書きかけの手紙」をテレビ初披露。代表曲である「月光」、そして「流星群」を、ピアノとストリングスが奏でるアコースティックな音色とともに披露する。