テレ東新人・森香澄アナが封印してきたアニメ声を解禁!松丸友紀アナと親子役に『ラビッツ インベージョン』

テレビ東京の新人アナウンサー森香澄が、1月30日放送のアニメ『ラビッツ インベージョン』(テレビ東京、毎週木曜27:55~※この日は26:55~)で、声優に初挑戦。アナウンサーとして封印してきた“アニメ声”を解禁し、新たな才能で視聴者を魅了する。

同番組は、地球に侵略してきた好奇心旺盛なラビッツが、人間社会で様々な騒動を巻き起こすフランスからやってきたアニメ。

今回、森アナが演じるのは、いたずら好きな女の子。そして、同シリーズへの声の出演でおなじみの松丸友紀アナウンサーは、森アナが演じる女の子のお母さんを熱演。新人アナウンサーたちにも普段から「お母さん」と親しまれている先輩・松丸アナと新人・森アナの親子共演も見どころだ。

オンエアを前に、森と松丸からコメントが到着。以下に紹介する。

<森香澄アナウンサーコメント>
友達とモノマネをすることはあるのですが、アフレコで「別人格になる」ってこんなに難しいのかと感じました。無邪気でいたずら好きで、ラビッツをいたぶる女の子を演じたのですが、妹にいたずらをして怒られた幼い頃を思い出しながら演じました。普段、リポートや中継の時には、「声を高くしない」「幼くならない」「可愛い子ぶらない」など封印していることを今回出し切りました(笑)。大人であることを忘れて幼い女の子になり切ってみたら、ラビッツの「全力のいたずら」も純粋に受け入れられるようになって……。今回のアフレコは、私にとっては「原点回帰」でした(笑)! 悪知恵を働かせて、いたずらを企む女の子の演技に、ぜひご注目ください!

<松丸友紀アナウンサーコメント>
女の子を育てたことはないのですが、悪知恵がついた娘を、あえて包み込むような「優しいお母さん」を演じました。私生活でも自分が母になったというのもあり、我が子のような気持ちで新人指導をするので、後輩たちから「お母さん」って言われているんです(笑)。もはや母と子に近い関係性なので、スムーズに臨めました。森アナは声に特徴があり、それが彼女の持ち味でもあります。今回の役どころと演技では、彼女の「素」の部分が出ていて、良さが存分に生かされていると思います! 今回はこれまで人間を困らせてきたラビッツに初めて「強敵現る!」という爽快なストーリーで、女の子にタジタジになってしまうラビッツが見られます。これまで担当した中でもベスト3に入るくらい気に入っています!!

<「ラビッツと人形」あらすじ>
あれあれ?? ぬいぐるみの箱に入ってしまったラビッツが可愛らしい女の子に買われてしまったぞ!? ところがこの女の子、無邪気すぎてかえって手強い……。あのラビッツが今回ばかりはタジタジ!?

PICK UP