おにぎり・弁当もプロ級に!ご飯のおいしさがグーンとアップする秘策を紹介『ガッテン』

1月22日の『ガッテン!』(NHK総合、毎週水曜19:30~)は、ゲストに榊原郁恵ビビる大木大島麻衣を招き、「おにぎり・弁当もプロ級に!“冷めたら”おいしいごはんのススメ」と題して放送。日本人の主食「ごはん」に注目する。

今回、同じ米・同じ炊き方なのに、なぜかおいしさがグーンとアップする秘策を紹介。その秘策によって、お弁当やおにぎりのように冷めてから食べると、「ふだんの方法より断然おいしい!」と大絶賛で、「粒立ち」や「甘さ」、「食感」すべてがランクアップするという。しかもその秘策、ほんのひと手間で大丈夫とのこと。

それは実は、昭和40年代ごろまではどこの家庭でも普通にしていたことなのに、炊飯器の進化とともに“失われた”ものだという。しかし、売り上げ日本一を誇るお弁当メーカーに潜入調査を敢行すると、今もその技法を活用して“冷めてもおいしい”ごはんを実現していたことが判明。さらに、便利なパックごはんを、よりおいしく食べる秘けつも大公開する。

PICK UP