マツコの発言にスタジオの空気が一変!?「5万円払うからカットしてくんない?」

マツコ・デラックス有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』深夜版(テレビ朝日系、※レギュラー放送は毎週金曜20:00~)が、12月27日に放送。マツコがスタッフにあるお願いをする一幕があった。

26歳会社員から、ロシアで牛にVR(仮想現実)ヘッドセットをつける実験が行われたとの報告メールが届く。牛の目の前には穏やかな夏の牧草地が広がり、ストレスもなくなることから、牛乳の生産量増加が期待できるとのこと。2人は、今回の実験が成功した場合、世界の乳牛がVRをつけることに着目し「カッコよくない?」と妄想を膨らませた。

有吉から「辛いこともあるが現実を生きる」か「何の不自由もない幸せなVR生活」と究極の二択を質問されると「迷うわー!」とマツコ。業者キャラになった有吉に、様々な質問をぶつけた後、意を決して「『私の人生はこれで良かったんだわ』と思って死ねるのね? じゃあVR!」と回答した。しかし、有吉はニヤリとしつつ「停電だけ怖いね」とつぶやく。「それは(業者が)ちゃんとしてよ!」と言うも、トラブルが起こってリアルに引き戻されるならば、現実が良いと思い直した。

また、巷で噂されている「モーツァルト(クラシック)を聞かせた農作物は良いって本当?」と投げかけるマツコ。最近、切り花に話しかけていることを明かすと、有吉から「花は元気になるけど、こっち(マツコ)は病んでいく」と切り替えされた。マツコは「(元気を)吸われてんの?」と驚きつつ、花に話しかけると長生きする気がするとコメント。「もうちょっと頑張ってね」と声をかけていると告白するも、スタジオの空気を察したのか「ちょっと今の……5万円払うからカットしてくんない?」と笑わせていた。

インターネット上では、マツコと有吉のVR話に「世にも奇妙が(BGMに)かかってるけど、自分の中では喪黒福造がドーンてなってるwww」「世にも奇妙な物語一生VR」「停電きついw」と盛り上がりを見せていた。