浅野温子、要潤演じる“悪魔の弁護人”の母親役で本格復帰!「モヤモヤは忘れちゃいけない」

浅野温子が、2020年1月11日に放送される要潤主演のオトナの土ドラ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第6話から出演することがわかった。浅野は、凶悪犯罪を犯した元少年Aの弁護士・御子柴礼司(要)の母親・成沢郁美を演じる。再婚相手の資産家の夫を殺した容疑で殺人罪で起訴され、御子柴が弁護を担当することになる。

本作は、勝つためなら手段を選ばない“悪魔の弁護人”御子柴礼司が、元少年Aという過去を背負いながら、罪の償いとは何かを問うヒューマン法廷ミステリー。要のほかにベッキー津田寛治玄理らが出演している。

浅野は今年3月の体調不良による休養後、本格的な連ドラ復帰作となり、オトナの土ドラ枠では『リテイク~時をかける想い~』以来3年ぶりの出演となる。今作では元少年Aを生んだ苦悩の母親であり、自身も殺人罪で起訴されるという複雑な役柄を演じる浅野に、ドラマについて、そして役について聞いてみた。

――台本を読んだ印象は?

(加害者側の贖罪を描くという)難しいテーマをよくおやりになるなぁと(笑)。でも今の時代だからこそなのかなとも思いました。

――元少年Aの母・郁美役について。

殺人事件を起こしてしまった息子のことは、分かってあげられないですよね、本当に。なぜ事件を起こしてしまったのか、母親だからこそ自分の育て方とかを突きつけられるじゃないですか。そこを突きつけられたときに何がいけなかったかなんていう答えは出ないし、分からないとしか言いようがないと思うんです。ただその子の母親っていうのは変わらないから、そこを踏まえると自分を責めなきゃいけない。しかも今度は自分が殺人事件の容疑者になってしまって30年ぶりに息子と再会する。……難しいですよね。はっきり言って、これだけ難しい役は初めてかもしれません。

――重いテーマを扱う中、現場は明るい雰囲気ですが。

今回メインの村谷(嘉則)監督とは20年ぶりくらいの再会なんです。村谷監督がこのドラマをきちんと力強く引っ張ってくれてるので、そのエネルギーに安心してみんなが乗っていけてるんだろうなと思います。きちんとドラマに向きあっているから、変にモヤモヤしないで……ただ私はモヤモヤしないとやっぱおかしいなと思うんですよ、そういう役柄だから(笑)。現場を明るく、みんなで一緒に作ってるっていう部分はあっても、私はモヤモヤは忘れちゃいけないんです。

――視聴者の方へメッセージを。

今の時代、ネットで簡単に人を罰するみたいなことが非常に多い気がして。日本人てこんなに残虐だったのかなぁって。そういう意味では今こういうことをフィクションとして提示することはとっても大事なのかなって思います。このドラマを見た人が、色々な風に考えて今後の行動に移していく。そんなきっかけになるドラマになるといいなと思ってます。