木村拓哉「この現場で過ごす日々が凄く楽しかった」鈴木京香、玉森裕太ら『グランメゾン東京』クランクアップ

12月29日に最終回を迎える日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、毎週日曜21:00~)の撮影が、このほどクランクアップ。主演の木村拓哉鈴木京香玉森裕太Kis-My-Ft2)ら出演者からコメントが到着した。

本作は、木村演じる型破りなフランス料理シェフ・尾花夏樹が、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。出演者たちは約5か月わたって料理と向き合い、撮影を重ねてきたこともあり、最後の挨拶では涙ぐむ人も。寂しさを感じつつも充実感にあふれた、感動のクランクアップとなった。

<木村拓哉 コメント>
これで撮影が終わってしまうということに少しがっかりしているし、まだ認めたくない。寂しく感じています。それだけ、この現場で過ごす日々が凄く楽しかったです。(※サプライズでクランクアップの現場に駆け付けた寛一郎に対し)サプライズで寛一郎が現場に駆けつけてくれたのですが、このシーンを撮り始める前に、現場の前をウロウロしているのを見てしまって、サプライズが台無しではあったのですが(笑)、でもそんな気持ちが嬉しいですし、寛一郎だけではなく、キャストやスタッフの皆さんの“心遣いの詰まった現場”だったので、凄く感謝しています。本当に、ありがとうございました。

<鈴木京香 コメント>
無事にクランクアップするのは嬉しいもので「終わりたくない」なんて思う事はなかなか無いのですが、今は少しそんな寂しい気持ちもあります。この作品で皆さんとご一緒させていただいて、例え現場の時間が押して夜中になってしまったときも(笑)、心から楽しく、本当に幸せでした。良い経験を積ませていただきました。宝物になりました! そして、キャプテン・木村さんは最高のシェフです! またご一緒できるように頑張りたいと思います、本当にありがとうございました。

<玉森裕太 コメント>
本当にお世話になりました! 本当にありがとうございました! 平古祥平という役が自分のなかですごく挑戦で……、難しくて、苦しくて、そんな日々が続いていたのですが、とてもやりがいがあって充実した日々だったなと思います。それに、木村さんと今回初めてこうやって長い時間お仕事をさせていただいて、キャプテンの偉大さ、そして座長としての佇まいなども学ぶことができた場でした。忘れないように、今後の仕事にもちゃんと生かしていきたいと思います。

PICK UP