宮本浩次「自分の心をいつわらずに真っ直ぐうたうことができました」『ガイアの夜明け』エンディング曲を書き下ろし

宮本浩次による「夜明けのうた」が、2020年1月7日放送からリニューアルする『ガイアの夜明け』(テレビ東京系、毎週火曜22:00~)のエンディングテーマに決定。宮本よりコメントが到着した。

2002年4月から約17年半、850回以上の放送を重ねる同番組は、“経済報道”ドキュメンタリーという、独自のジャンルを確立。日本のみならず、地球規模で起きている様々なテーマを「経済」「ビジネス」の視点で見つめ、問題解決に奮闘する人々を取材してきた。エンディング曲の刷新は17年ぶりで、宮本の書き下ろし曲となる。

今回の決定について宮本は「わたしはこれほどストレイトにうたをうたえたことは、そうあることではないのです。こんなに、真っ直ぐに、自分の思いをうたうことができたのは、『ガイアの夜明け』に出てくる主人公は、いつだってわたしたちとおんなじ市井に生きる『普通の人々』だからだと思います。自分の心をいつわらずに真っ直ぐうたうことができました。ほんとうにありがとう」とコメントを寄せている。

また、チーフプロデューサー野田雄輔 (テレビ東京 報道番組センター) は、「初めて試聴した時、魂が震えました。そして静かに沸々と、また一歩を踏み出す勇気があふれてきました。毎週、番組を制作していると、大きな壁や難題、不条理の前に呆然とすることもあります。そんな時、私自身も宮本さんの歌を聴き続け、何度も助けられてきました。ガイアのリニューアルに当たり、エンディング曲をお願いするのは、宮本さんしかいないとずっと思っていました。きっと、多くの視聴者の皆さまの心にも、“夜明けの光”を灯してくれるはずだと。私たちも、宮本さんの魂がこもった歌に負けないドキュメンタリーをお届けします」とアピールした。

なお、同日より女優の松下奈緒が案内人に、俳優の眞島秀和がナレーターを担当する。

PICK UP