清野菜名が画面から飛び出す!?『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』アクションへの意気込み

清野菜名さんが、横浜流星さんとW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)が1月12日からスタートします。

本作は驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る男・飼育員さんが、「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつけるシニカルミステリー。清野さんは、囲碁棋士・川田レンとミスパンダという2つの顔を持つキャラクターを演じます。

「今までになかったものをやりたいし、それを超えていきたい」と話す清野さんに、『今日から俺は!!』に続く日曜ドラマ枠出演の心境や、アクションへの意気込みを語っていただきました。

――日曜ドラマ枠、初主演ですね。

またこの場所に帰って来られたことが嬉しいです。前回(『今日から俺は!!』)もアクションをやっていましたが、まったく違う自分をみなさんにお見せできたらと思っています。原作がないので、感情の一つひとつを監督やスタッフさんと確認しながら作り上げるのが楽しいですね。きっとその楽しさが伝わって、おもしろいドラマになるんじゃないかなと思っています。

――初共演となる横浜さんの印象は?

横浜さんを知っている方達から、「すごくいい人だよ」と聞いていて。いつもは(初対面だと)「どんな方なんだろう」ってドキドキ緊張しちゃうんですけど、今回は会うのが楽しみでした。会ってみたら、やっぱりみなさんがおっしゃるように優しくて、本当に自分の飼育員さんになってくれる方なんだなと思いました(笑)。

――レンとミスパンダという2つの顔がある役どころです。

この人(レン)がパンダなんだと予想ができないくらい違うキャラクターにしたかったので、とにかく差を出すように気をつけました。レンはおとなしい女の子で、逆にパンダは自由奔放で明るいキャラクターなので、その部分を最大限に出して演じています。

――かなり激しいアクションを披露されるそうですね。

今回は動物的なアクションで、種類としては自分の型に合っていると思うので、どんどん動物的に動きたいなと思っています。これまでにやったことのない技や、ダイナミックなアクロバットもやれたらいいなと。画面から飛び出すくらいの勢いでやっていきますので、ぜひ楽しみに見てほしいです。

――横浜さんのアクションについて期待することは?

映像で見せていただくと、キレのある蹴りだったり回転だったり、すごくカッコいい。まだ台本が全部はできていないので、どこまで一緒にできるかわからないけど、できるならアクションバディとして二人で息の合ったアクションに挑戦したいですね。男女で、今までにないものを目指してやりたいなと私は思っています。

――もともと抱いていたヒーローのイメージや、ミスパンダを演じた感想を聞かせてください。

ヒーローには、正義感が強いイメージがありました。ミスパンダは結果として正義にはなっているけど、手段を選ばないキャラクターなので「それが本当に正義なの?」と思われる場面もある。だから、自分の思い描いていたヒーローとはちょっと違うんですよね。でも、派手さや「登場したぞ!」というカッコ良さを兼ね備えているパンダなので、『スパイダーマン』といったアメコミのヒーローをイメージして、ダイナミックにやっています。すごく楽しいですし、新しい自分を発見したなと思っています。

――レンとミスパンダを演じる際の切り替えは?

午前中がレンで午後がパンダという風に、同時進行で撮影しています。本当にキャラクターが180度違うので、切り替えるのが大変ということはなくて、自然とエンジンがかかる。“変身後”みたいな感じですね!

――どちらが演じやすいですか?

今までやってきた役は静かな役が多かったので、最初はレンのほうがやりやすいのかなと思っていたんです。でも、思い切りハッちゃけられるほうが「もっともっと」と自分の中にアイデアが出てきて、今はパンダが楽しいですね。逆にレンは繊細なので、その繊細な部分をどう表現するかが難しくて、課題でもあります。

――演じるのは、メンタリストに操られる側の役。清野さんは操る側、操られる側、どちらのタイプ?

たぶん、すぐ操られちゃうと思います(笑)。占いとかも信じやすくて、起きたことが文面になっていると、すぐに(占いの通りだと)繋げて考えちゃうので。

――ちなみに“パンダ”にかけて、ご自身を動物に例えると?

なんだろう……生まれた時から家に猫がいたので、猫の動きが自然に入っちゃっているかもしれません(笑)。気まぐれなところとか、高いところにジャンプしたくなっちゃうところとか。

――なるほど(笑)。ミスパンダはグレーな事件にシロクロつけますが、清野さんが最近許せないと思ったグレーな出来事は?

心が小さいのかもしれないんですけど、今、車の運転を練習していて。狭い道路を通る時にがんばって寄ったけど、まだ慣れないので寄り切れなかったんです。すると、向かいの人から「下手くそ!」と言われてビックリしました(笑)。「しょうがないじゃん!」と思ったし、初心者には優しくしてほしいなって。許せなかったです(笑)。

――では2020年、プライベートとお仕事で、それぞれチャレンジしたいことを教えてください。

実は……プロ野球女子を目指したいんですよ。すごく興味があって、どうやったらプロに入団できるのかを調べたりしています。ピッチャーがやりたくて……現実的じゃなくてすみません(笑)。仕事面だと、私は海外でお仕事するのが夢なので、本当になんでもいいので海外の作品に出てみたいです。昨年は叶わなかったので、今年は英語も勉強して、挑戦していきたいですね。