佐野勇斗、“日本一行動半径が狭い?”ニャンコにほっこり『もふもふモフモフ』

佐野勇斗が、12月19日(木)19時30分から放送される『もふもふモフモフ ホカホカぬくぬくスペシャル』(NHK総合)に出演。「佐野勇斗秘湯猫にほっこり!驚きのかくし芸ブタ!」と題して、佐野がさまざまなニャンコたちと戯れる。

同番組は、ワンコやニャンコなど、全国の“もふもふ”が大集合し、変幻自在な堤真一の声でいざなう究極の癒やし番組。今回は、寒い冬でもほっこりするカワイイもふもふたちが続々と登場する。

イケメンが温泉地に暮らすもふもふを訪ねてほっこりする「温泉もふもふ」では、佐野が“阿蘇の秘湯”とも呼ばれる熊本・わいた温泉へ。訪ねた温泉旅館では、妊娠中に宿の前で行き倒れになっていたところを、親切な人間の女将に助けられたという女将ニャンコにほっこり。別の旅館では、地下を走る温水パイプが暖かすぎてそこからほとんど動かない、“日本一行動半径が狭い(?)”ニャンコに癒やされる。

全国各地で活躍する看板ワンコに看板ニャンコが登場する「看板もふもふ」では、東京・江戸川区にいる、総額30億近くを出した宝くじ売り場の看板にゃんこを紹介。自分の幸運パワーを大自慢する。

また静岡・伊東市からは、ワンコと一緒に宿泊できるというホテルの看板犬、その名も「ルパン2世」君が登場。一味の3ワンズたちと一緒に宿泊客のフトコロを狙う!?

高齢なもふもふを訪ねて長生きのヒケツを探る「ご長寿もふもふ」も。今回、函館に住む御年25歳と24歳という驚きのニャンコ父息子が登場。いつもは寝てばかりだが、かなりの美食家で、マグロやサケが大好物。お気に入りの場所は、日本には珍しいロシア式暖炉のペチカの上という2匹の仲の良い暮らしぶりが明かされる。

番組の人気キャラクターの新人リポーター“もふニャン”が、話題のもふもふスポットからリポートする「もふもふ突撃リポート」では、山口・萩の山あいにある人気のスポット、雲林寺へ。山門をはじめ境内には、ニャンコの置物やかぶりものやグッズが所狭しとひしめいているが、そこに暮らす本物ニャンコのアウアウちゃんに、境内を案内してもらう。

ペットのイベントに集まるもふもふと飼い主さんに自慢の芸を見せてもらう「もふもふかくし芸」では、ワンコと仲良し、ブタのトンテキくんが登場。ご自宅にオジャマしたスタッフに見せてくれた驚きのかくし芸とは?

他にも、インターネットを賑わす投稿動画を堤がノリノリで紹介する「もふもふ動画」など、盛りだくさんとなっている。

PICK UP