内田理央、際どいセリフも恥じらわず挑戦!「恋愛体質の女の子に憧れる」『来世ではちゃんとします』

内田理央
内田理央

内田理央が、2020年1月8日にスタートするドラマパラビ『来世ではちゃんとします』(テレビ東京系、毎週水曜25:35~)の取材会に出席。主演ドラマの見どころや役への思いを語った。

「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、都内にある小さな映像プロダクション「スタジオデルタ」で働く、性をこじらせた人物たちの恋愛模様を描く本作。『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)など人気作への出演が続く内田が、性に奔放で5人のセフレがいる性依存系女子・大森桃江を演じることも話題となっている。

恋に悩む女性から共感の声が集まる原作漫画について、内田は「際どい内容やセリフがある中にも、共感できる話がめちゃめちゃ多くて。恋愛をこじらせたメンバーが同じ職場で働いていて、みんなが性や恋愛について個性的で寛容。男でも女でもどこかグサッとくる部分がある内容だなと思います」と魅力を語った。

演じる桃江(桃ちゃん)役については「セフレが5人っていうイメージが入ってきちゃうけど、本当に優しくて気遣いができて、そこが一番桃ちゃんの素敵な部分だなと思うんです。セリフはハードだったり際どかったりするけど、男女ともに優しい桃ちゃんを見せられたら」と意気込んだ。

舞台となる「スタジオデルタ」で働くキャラクターを演じるのは、太田莉菜小関裕太後藤剛範飛永翼ラバーガール)という面々。「すごく仲が良くて、楽しいです。穏やかな空気だけど、ところどころみんな変。キャラクターもなんですけど、みなさんも変だなと思います(笑)。だから、ぴったりだなって」と内田。「小関くんはすごく天然で“年内に小関くんの悪いところをみんなで探そう”ということになっています」「太田さんはクールに見えるけど、すごく柔らかい人です」などと話し、チームワークの良さを覗かせた。

また際どいセリフに“恥じらいはないか”との問いには「ない」と笑い、「女性のみなさんに見てほしいので、言い方などが下品にならないように気をつけようという思いはあったけど、スタッフさん、キャスト含め寛大な雰囲気だったので、恥ずかしさや照れはなくて、逆にプライベートなことも言い過ぎちゃったかな、とか(笑)。ふだん言わないようなことまで飛び交っているような現場です」と撮影秘話を語った。

タイトルにちなみ“来世でちゃんとしたいこと”について聞かれると「超恋愛したいです。私が恋愛体質じゃなくて、どちらかというと恋愛ができない(太田演じる)梅ちゃんのほうがしっくりくるので、桃ちゃんくらい人を好きになりたい(笑)」と茶目っ気たっぷりにコメント。

もともと恋愛体質ではないと話す内田は「根本的にヤバイ気がします(笑)。みんな大好きなんですけど、一人をLOVEにならない。LIKEです。心から、死んでもいいって思うくらい好きになったことはなくて……冷めているんだと思います(笑)。友達よりも、男の子を取る子の気持ちがわからない。でも、そういう恋愛体質の女の子には憧れていて、素直にかわいいな~と思うんです」と自身の恋愛観をぶっちゃけた。

最後に「女性のみなさんが圧倒的に共感できる内容だと思いますし、男性のみなさんは、女の子を少しでも知るという意味でも見てほしい内容になっています。深夜なので、是非みなさんこっそりご覧ください」とアピール。新境地となる作品に挑む、充実の表情で取材会を締めくくった。