マツコ、スタジオで凧揚げに挑戦!?博物館を作った元校長が語る「凧の世界」

マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。12月17日の放送では、「クリスマスケーキの世界」と「凧の世界」に迫る。

「クリスマスケーキの世界」を案内するのは、同番組に3年10か月ぶりの登場となる“年間2400種のスイーツを食べ歩く女性”平岩理緒さん。平岩さん曰く、今年の傾向はイチゴの高騰と品薄だそうで、今回はイチゴを使っていなくても楽しめる絶品クリスマスケーキを紹介してもらうことに。

洋風だけでなく和風のケーキや、メロンやマンゴーといった夏の果物を使ったもの、また平岩さんが狙い目だというブッシュ・ド・ノエル(薪をイメージしたクリスマスケーキ)など、一流ホテルから駅ナカの名店から一押しのケーキが登場。各店のパティシエたちが工夫を凝らした至極の作品をマツコが食べ尽くす。

カットするのを思わずためらってしまうほどの逸品もお目見えするが、平岩さんがマツコの為に選んだケーキとは?

また、日本の正月を彩る風物の1つでもある凧にも注目。最近では、飛行機やクジラの形をした3Dカイトや、ほぼ風がなくても揚がるホームカイトなどが発売され、新たな楽しみ方も増えてきたという。

そんな「凧の世界」を語るのは、1700の凧を集めて博物館を開いた男性、坂井田茂さん66歳。坂井田さんは元小学校の校長で、教師になったばかりの頃、凧が揚がって喜ぶ生徒を見て凧にハマったという。以来、日本のみならず世界を巡り歩いて収集している。

番組では、坂井田さんが簡単に手に入り、すぐに揚がる感覚が楽しめる凧や、日本では考えられない、ちょっと変わった世界の凧などを披露。スタジオではマツコが坂井田さんと凧揚げに挑戦する。