オダジョー&麻生久美子の“ゆるーい”『時効警察』が帰ってきた! ネットは「小ネタ満載の展開が楽しかった」の声

金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)の初回放送が10月11日に放送。インターネット上では、久々の放送ながら変わらないドラマテイストに喜ぶコメントが多くあった。

時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、名(迷)助手・三日月しずか(麻生久美子)とともに未解決事件の謎に挑むシュールな脱力系コメディミステリー。今回12年ぶりの復活となる。

総武警察署の食堂で10年間冷蔵庫で眠っていた箱を預かった霧山。この箱は時効を迎えたある事件に関する資料が入ったもので「要玲蔵(かなめたまぞう)」と書かれていた。そのためか「要冷蔵」と読み間違えて長らく保管されていたという。

要玲蔵(村松利史)は、金持ちで乱れた女性関係から「総武のウタマロ」と呼ばれていた人物。25年前、彼の元愛人で、新興宗教「阿修羅の水」の教祖・神沼絹枝(伊勢志摩)が、ウタマロが運営する水産加工会社の冷凍倉庫で凍死する事件があった。冷蔵庫の監視カメラには、彼女が冷凍倉庫に入る様子が映っていたのだが、その後無人にも関わらず、手動ロックがかけられていた。ウタマロに話を聞こうと警察が自宅に行くと、彼もほぼ同時刻に一酸化炭素中毒死していた。閉め切った部屋でイカを焼いていたため、木炭から発生した一酸化炭素が原因とみられる。証拠がなかったこともあり、事件は迷宮入りしていた。

2人が亡くなったのは、偶然起きた事故ではなく殺人事件だと踏んだ霧山は、ウタマロの妻で絹枝の宗教を引き継いだ娘の美沙子(小雪)のもとを訪ねることに。美沙子の反応を見た霧山は「彼女は何かを隠している気がする」と違和感を抱く。新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)の調査によると、過去に別の宗教団体にサイバーテロを起こした疑いをもたれ取り調べを受けたのが、美沙子の同級生で信者の花崎新一(六角精児)。事件の輪郭が見えてきた霧山は、彩雲と共にウタマロが殺害された事件の担当刑事だった女性に会いにいくことにした。

すでに引退した元担当刑事も、霧山と同じく、ウタマロと絹枝がお互い殺し合ったと踏んでいたものの「その謎が解けずに時効になった」と悔しさを露わにする。絹枝は宗教の資金繰りに困っており、娘をウタマロと結婚させた経緯がある。よって、彼が亡くなれば遺産が転がりこむため、殺害する動機があった。さらに、ウタマロが社長だった水産加工会社で食品偽装を仕切っていたのが絹枝。それをネタにゆすられていたこともあり、ウタマロにも殺害動機があることが判明した。そんな中、調査を進めていた霧山は、一酸化中毒に関するある秘密を知る……。

ネットでは、復活に喜ぶ声も多く「出演者全員ラブリー」「このゆるゆるな世界観に癒される」「小ネタ満載の展開が楽しかったわ」といったコメントがあった。